高田清太郎ブログ

ことばの小窓「長岡花火大会が今年もやってくる」

 / 


すまいは巣舞
巣は形・舞は想い
想いを形に
巣舞るフォー・ユー
高田建築事務所

*    リズムだ!
朝起きて軽くストレッチ運動と腰痛対策体操をちょっと!

読書することちょっと!

事務所に出かけて良い空気を取り入れる窓を開けることちょっと!

メールに目を通すことちょっと!

毎朝同じ道(田んぼ道)を散歩することちょっと!

会社では朝の体操イチニイチニ!をちょっと!

・    一日のリズム!大切だ。特に朝のエンジン始動時は欠かせないリズムだ。
・    同じく一週間のリズム!月のリズム!季節のリズム!一年のリズム!は大切だ。
・    一年のリズムは元旦から始まる人あり。4月から始める人あり!長岡人は長岡まつり:長岡花火の8月2日・3日から始める人である。
・    もう一年たったか?感慨ぶかげに花火の大車輪が瞼に映し出させる季節になったのである。
・    長岡花火は明治12年(1879年)に最初に打ち上げられた。その数350発と聞いた。
当時は9月14日・15日だったという。昭和13年(1938年)に戦争で花火大会は中止になった。昭和20年は長岡空襲の年であった。そして復興祭が行われ昭和22年には8月2日3日に花火大会が復活である。
・    8月1日は戦死した人々の慰霊の花火として22時30分に白菊が3発打ち上げられる。
・    長岡花火は3尺玉で有名になった。90センチの玉が打ち上げられるのである。爆裂中心は地上600メートル開花直径600mである。その大きさは花火会場の長生橋と比較させて大きさを確認するのであるがそれ以上に凄いのは、上がるときのどすのきいたズンと言う発射音・そしてうえから響き渡る爆裂音である。鼓膜を揺さぶり体を振動させるのである。
・    同時に長生橋に仕掛けられたナイヤガラの滝瀑布は1km近くの長生橋の橋桁から川面に反射しながら映し出させる時間は何とも言えない。
・    スターマイン・ベスビアススターマイン・定番10号OO連発
・    そして近年では中越地震からの復興を祈ってフェニックスが打ち上げられる。平原綾香のジュピター(作詞:吉元由美・作曲:G.Holst*)にのせての壮大な超大型花火である。
・    大河ドラマで話題の天地人花火が打ちあがり、映画この空の花、そして米百俵花火とつづく。正に息つく暇もないほどだ。
・    打上花火は二日間で2万発だという。
・    ここで長岡花火と言えば花火師の嘉瀬誠次さんなくしては語られない。
・    元祖長岡花火の功労者である。
・    昨年は長年の功労を表して長岡市民大賞が贈呈された。
・    そして長岡花火自体がハワイのホノルルであげられたり、ロシアの空に戦友の慰霊を祈って白菊が打ち上げられた。
・    8月3日に弊社高田建築事務所と愉快な仲間たちの打ち上げる花火はベスビアス超大型スターマインで盛り上がること。間違いなし!
・    今年も嘉瀬さんが打ち上げてくださることに感謝!

*グスターヴ・ホルストの「木星」(管弦楽組曲「惑星」の第4曲)

ことばの小窓「今年6月22日で現場ゼロ災害3650日である。丁度10年目」

 / 


すまいは巣舞
巣は形・舞は想い
想いを形に
巣舞るフォー・ユー
高田建築事務所

*    今年も安全大会が開催された。
・    第20回目の髙田建築事務所と協力会社会:木族の会との合同安全大会である。
・   約400名の参加で開催される安全大会の講師は労働安全コンサルタントの小林隆夫先生である。
・ 合同安全大会では3回目のご登壇である。
・    事故事例を取り上げながらどうしたら無事故を継続できるか?弊社の定期的安全パトロールに同行頂きコメントを頂いたりした会はとても引き締まった会になった。
・    開催日は記念日となった。丁度、現場ゼロ災運動10年・ワンディケードであった。

*    常々3つの安全:建築業バージョンについて挨拶させていただいている私にとっては意味深長であった。
・    公共建築物でなく民間資金で建築される住宅でも事務所・店舗・各種建築にはとても記念的なものが求められる。
・    同時に祝い事であるから建物本体にも傷をつけてはならないことである。
①     一つ目の安全は建築現場での災害が起こらないことである。「現場ゼロ災運動」として毎日唱和する。夢と希望を建築と言う形で表そうとするまさにその祝い事・慶事に事故を起こして傷をつけてはならないからである。
②    二つ目の安全は建築物自体の安全である。手抜き工事やルール違反をして建築物の品質や性能を落としてはならないということである。
③    そして三つめは経営の安全である。建築物自体は5年10年と言う短期間の存在ではない。長い間、維持管理をさせていただくことである。私たちがスタートサービス(アフターサービスも含む)させてもらうためにも健全経営をしなければならないのである。

*    現場ゼロ災害10年(ワンディケード)の上に20年(ツゥーディケード)に向って皆で力を合わせて施主様のニーズにこたえたいものである。
・    気が付いたら記念となる安全大会は10年3650日達成ではなく20年目に向った出発した記念日でもあったのである。うるう年が2回含まれているから3652日目であった。
・    20年目に向って間違いなく二日目を進行中であった。

ことばの小窓「肩書が育む役処:啐啄(ソクタク)同時」

 / 

すまいは巣舞
巣は形・舞は想い
想いを形に
巣舞るフォー・ユー
高田建築事務所



*    光陰矢の如し!お陰様で建築事務所を創業して昨年は「40+1年目のとし」40周年を迎えた。
・    そして今ではバトン渡しの儀式はすでに終わっている。社外的には今年の6月1日をもって社長交代をすることにした。
・    今まで企画専務役の息子に社長役のバトンは渡された。
・    そして、私は社長から会長に!
・    役割はそれほど明確には区分されないままに!
・    社長と会長の違いは?と問う。答えは来ない。
・    会社の文字を分析すると「会+社」の漢字二文字から成り立っている。
・    そして、その夫々の文字に長を組みあわせると会長であり社長だと気が付いた。
・    会長でお仕舞と思っていたら?
・    「株式会社=株+式+会+社」であるから4文字に長を組み合わせてみたら「社長・会長・式長・株長」になるのである???
・    なんて考えている暇人がいることに気が付いた。
・    独り言!

*    20170601付で取引業者さんには社長交代のご挨拶を出させていただいた。築縁様にはスマイル通信夏号にてご挨拶させていただきたく準備中である。
・    私は改めて代表取締役会長の任を果たさなければならない決意をしているところである。
・    するといろいろの方からご挨拶を頂くこととなった。お花・メールに電報・電話が届いたことにびっくり! 
・    アポの有無は別にして直接ご挨拶にお出でいただき恐縮な気持ちと感謝に堪えない次第である。
・    人の振り見て我が振り直せ!も経験した。自分はそのようなお手紙頂いても今までは特に何かをした覚えがないからだ。いけませんでしたね。
・    それにしてもまだまだ会長と言う名前に慣れません。事実ここのところ社長と言われて新社長と一緒に返事することが何度かあったからである。
・    またそわそわ感があり皆様からはご寛容のほどを!

*    世の中では一般的に「役職・肩書が人をつくる」と言う。
・    もちろん役職・肩書が何かをしてくれることでは無いのだが。
・    しかし、その役職・肩書に置かれた人の意識・行動等を変えることも多々あったのだろう。
・    役職・肩書には責任が伴い努力を積み重ねるようになっていく。つまり、責任感を持たせる仕事が人を成長させるといっていいかもしれない。
・    やがて受け身型から能動型に変心・変身して良き仕事をすることを繰り返せば結果としてその人を成長させることになるからだ。
・    ソクタク同時という禅宗の言葉を思い出す。たまごから孵ろうとするひなは内側から殻を叩き、親鳥は外側から叩く。それを「啐啄(ソクタク)同時」と言う。そしてヒナが殻から生まれ出てくる。
・    役職・肩書と仕事との関係は「啐啄(ソクタク)同時」と言っていいのだろう。

*    エピソード!
・    高校卒業したらすぐに材木店を継ぐことを計画していた親父は大学進学反対派の急先鋒でもあった。(町内でも当時大学に行った長男が自営をしているにも拘らず実家に帰って来ないのである:現在では当たり前でも当時はショッキングニュースでもあったのだろう)
・    親父がようやく大学へ行くことを了解してくれた時の条件が大学を卒業したら帰ってきて家業を継ぐことであった。誠実な私(?)は卒業後2年間修業して帰還した。
・    材木店を継ぐべく長岡に帰ってきたときには肩書も何もない。皆からの呼び名は小さいときから呼ばれていた「太郎」であった。そして何の違和感もなかった。
・    やがて建築事務所の仕事も忙しくなったので3年目に今度副会長になった弟の勉を呼び寄せた。呼び名は兄弟だから小さいときからの呼び名そのものだった。タロー・ツト(ツトム)であった。
・    長い間そのように呼んでいたが、ある時、取引先の某建設会社の先輩専務が苦言を呈した。
・    悪いけど:タロー・ツトと呼び合うのはやめてくれないかな!と真顔であった。
・    その方の名前が勉であった。ツトと言われると自分の名前を呼び捨てにされているようでいい感じではない。と言うのである。
・    それから親父を社長職にお願いしていたから専務・常務と呼び合うことになった。
・    自分自身も専務と言われたときに意識が変わったことを覚えている。
・    そしてやがて親父から社長交代と言われたらプレッシャーがかかったことを想い出す。
・    建築事務所の創業は私だから、もともと社長なのだが、なぜか居心地が悪く。長い間受け取らなかった。勉常務に社長の打診をするが一蹴された。
・    しかし、周りから社長と呼ばれて意識が大きく変わったような気がする。同じ仕事をしているにもかかわらずである。
・    名は体を表す!とも似ているかもしれない。

ことばの小窓「茶の湯」展に出かけた。

 / 


すまいは巣舞
巣は形・舞は想い
想いを形に
巣舞るフォー・ユー
高田建築事務所

 


*    今年のゴールデンウィークは5月1日・2日を休日に加えると9連休である。大型である。
・    お正月の6~7連休に比べても大型である。
・    しかし弊社の仕事日は暦通り!
・    更に、建築住宅業はサービス業と考える時にはこの連休の入れ替えを考えなければならないという意見が出始めているのも事実だ。
・    多くの方が連休に巣舞づくりを考える。その時に対応できる仕組みづくりの見直しという。
・    そのことを考え変更するにはまだまだ時間が必要だ。

*    暦通りでも5連休:やりたいことは沢山ある。読みたい本もたくさん積んである。映画館にも行ってみたい。近くの山に登ってみようか?未整理なものをまとめてみようか???
・    いざ始まると「ごろごろ」と言う快音から連休が始まる。そう何もしないで溜まったVTRなど見ながらごろごろ過ごす。
・    それでも誘われるままに「茶の湯」展に行ってきた。
・    上野の東京国立博物館で開館されている「Thanoyu」展は大人気で大変な混雑である。
・    日本の茶の湯の世界を一気に見せてくれるのだから外国人も沢山お出でのようだった。
・    日本の茶の湯の歴史が一望できるのだから茶をたしなむ人々にはたまらない展覧会であるに違いない。
・    村田珠光・武野紹鴎・千利休・古田織部・小堀遠州と続く茶の湯の歴史を楽しむことができる。又、この茶の湯展
を通して茶の世界がグーンと近くなること間違いなしである。
・    展示の設えはプログラム通りに五章で成り立っていた。
・    第一章:足利将軍の茶湯―唐物荘厳と唐物数奇
・    なんといっても目当てのトップは国宝でもある曜変天目(稲葉天目)である。南宋時代(12~13世紀)のものと言われている。
・    茶碗の内側の黒い釉薬の上に星と言われる大小の丸い斑点が群在するのである。光を当てると七色の虹のように見えてくる。(光の関係でカタログ程には見えなかったが)何とも妖艶でもある。確率は100万回に一度と言う銘茶器の誕生と聞かされた。
・    第二章:侘茶の誕生―心にかなうもの
・    第三章:侘茶の大成―離宮とその時代
:黒樂茶碗・志野茶碗
・    第四章:古典復興―小堀遠州と松平不昧の茶
・    第五章:新たなる創造―近代数奇者の眼
・    いずれの章も目が離せない。
・    全展示物はプログラムには256とナンバリングされていた。その量もすごい迫力であった。

* そして同時開催されていたのが、国立近代美術館(竹橋)の「茶碗の中の宇宙 樂家一子相伝の芸術」
・    こちらは5月21日までの展示である。当代(15代)楽吉左エ門氏が言っているように37年ぶりの楽家の芸術史だと。足を運ぶことお勧めですぞ。
・    展示品は第1代樂長次郎から15代の楽吉左エ門+16代篤人氏までが展示されている。
・    450年が時系列に展示されており分かりやすい展示を見させていただくことができた。
・    樂吉左衞門館(佐川美術館)に併設されている茶室は、樂吉左衞門館同様、樂氏自らが設計の創案を行ったもの。模型も展示されている。RVで茶室から望む風景を楽しむこともできるからとても満足できる空間だ。

*    翌日の5月6日は以前買って積んでおいた(私の得意とするまさに積読して)いた葉室麟著の「孤篷のひと」を読むこととなった。
・    この作品の主人公は、大名、茶人、作庭、建築、そして書家として名を遺した小堀遠州である。 書籍の帯に、「さわやかであたたかな遠州の心が胸を打つ、歴史小説」遠州の人柄が見事に描かれていた。
・    葉室麟氏の小説はどれも私を魅了する。いつもそうであるように静かなうちに秘められた主人公の熱い思いが私をとらえて離さない!
・    この書をこの機会に是非とも手にして頂けると一層立体的に茶の湯が楽しめること間違いない。


•    2017.3.14 – 5.21
茶碗の中の宇宙 樂家一子相伝の芸術
茶碗の中の宇宙とは、全ての装飾や美しい形を捨て、手捏ねによる成形でさらに土を削ぎ落としながら造形を完成させていった茶碗を用い、その茶碗によって引き起こされる無限の世界、正しく宇宙のように果てしなく広い有機的空間のことと捉えています。
つまり、一服の茶を点てます。相手は、その茶を飲みます。その行為により二人の関係の全てが茶碗の中を巡ります。その茶碗の中を見つめながらの人間の思いは、他に想像もできないほどの大きく深い意味を有し、まさに宇宙と呼ぶべき無限の世界が広がるのです。
今から450年前、長次郎という人物によって創造された樂茶碗は、一子相伝という形態で現在まで続いています。一子相伝とは、技芸や学問などの秘伝や奥義を、自分の子の一人だけに伝えて、他には秘密にして漏らさないことであり、一子は、文字通り実子でなくても代を継ぐ一人の子であり、相伝とは代々伝えることです。
この様な考え方で、長年制作が続けられている樂焼は、長い伝統を有していますが、しかし、それらは伝統という言葉では片付けられない不連続の連続であるといえます。長次郎からはじまり15代を数える各々の代では、当代が「現代」という中で試行錯誤し創作が続いています。
本展では、現代からの視点で初代長次郎はじめ歴代の「今―現代」を見ることにより一子相伝の中の現代性を考察するものです。正しく伝統や伝承ではない不連続の連続によって生み出された樂焼の芸術をご覧いただけます。

~パンフレットより抜粋~

・・・そして同館では「マルセル・ブロイヤーの家具展」が同時開催されていた。

 


ことばの小窓「芽吹き」「桜の花びら散るごとに」

 / 


すまいは巣舞
巣は形・舞は想い
想いを形に
巣舞るフォー・ユー
高田建築事務所

*    この季節はまさに「芽吹く」季節である。
・    長い冬が終わり小動物達も地面から顔を出す。
・    田んぼのあぜ道はネズミやモグラそして蛇による耕しで、キャンバス狭しとアート作品が沢山展示されている。
・    我が家の小さなお庭にも樹々の芽吹き真っ最中である。
・    「芽吹く」芽が出てくる!復活の季節である!もうだれも止めることは出来ない。
・    この季節の生命観には力強い「息吹」を覚える。

*    桜は満開で人々の目を魅了する。
・    しかし、あっという間に散ってしまう。
・    綺麗だ!まさに桜の花びらの絨毯に「刹那」を感じる季節でもある。
・    1週間から長くても10日間と言う短い命の桜の花びらも生命の「輪廻観」を覚える。
・    地面一面に桜模様である。
・    そして、一年中で一番掃除チェックをしてくれる季節でもある。
・    我が社の金曜日は外回り一斉清掃日。
・    落ちた桜の花びらはなかなかとりにくい。雨でも降ろうものならば路面と密着した花びらを集めようとするのは無理に近い。
・    こんな時に桜花びらルンバが開発されるとさぞかし注文殺到かもしれない。
・    それにしても最後まで役に立ちたい桜の花びらは、如何に清掃レベルを上げるか?そんなチェックマンでもあったのだ。

profile_blog takada_prof_img

    プロフィール

    高田清太郎

    1949年新潟県長岡市生まれ
    (株)高田建築事務所 代表取締役

    経歴を見る

    1973年
    日本大学理工学部建築学科卒。

    1976年
    現事務所を設立。

    1996〜97
    新潟大学工学部建設学科非常勤講師

    1996〜97
    県立新潟女子短期大学(新潟県立大学)生活学科非常勤講師

    2011〜
    新潟大学大学院自然科学研究科非常勤講師

    2014年〜
    長岡造形大学非常勤講師

    2003〜2004、2007〜2008、2011〜2012、
    日本建築学会作品選集支部選考部会委員

    所属
    日本建築学会
    新潟県建築士会
    新潟県建築士事務所協会
    秋山孝ポスター美術館長岡サポーターズクラブ会長
takada_kotoba

TITLE

CATEGORY

ACHIVEMENT