高田清太郎ブログ

ことばの小窓「茶の湯」展に出かけた。

 / 


すまいは巣舞
巣は形・舞は想い
想いを形に
巣舞るフォー・ユー
高田建築事務所

 


*    今年のゴールデンウィークは5月1日・2日を休日に加えると9連休である。大型である。
・    お正月の6~7連休に比べても大型である。
・    しかし弊社の仕事日は暦通り!
・    更に、建築住宅業はサービス業と考える時にはこの連休の入れ替えを考えなければならないという意見が出始めているのも事実だ。
・    多くの方が連休に巣舞づくりを考える。その時に対応できる仕組みづくりの見直しという。
・    そのことを考え変更するにはまだまだ時間が必要だ。

*    暦通りでも5連休:やりたいことは沢山ある。読みたい本もたくさん積んである。映画館にも行ってみたい。近くの山に登ってみようか?未整理なものをまとめてみようか???
・    いざ始まると「ごろごろ」と言う快音から連休が始まる。そう何もしないで溜まったVTRなど見ながらごろごろ過ごす。
・    それでも誘われるままに「茶の湯」展に行ってきた。
・    上野の東京国立博物館で開館されている「Thanoyu」展は大人気で大変な混雑である。
・    日本の茶の湯の世界を一気に見せてくれるのだから外国人も沢山お出でのようだった。
・    日本の茶の湯の歴史が一望できるのだから茶をたしなむ人々にはたまらない展覧会であるに違いない。
・    村田珠光・武野紹鴎・千利休・古田織部・小堀遠州と続く茶の湯の歴史を楽しむことができる。又、この茶の湯展
を通して茶の世界がグーンと近くなること間違いなしである。
・    展示の設えはプログラム通りに五章で成り立っていた。
・    第一章:足利将軍の茶湯―唐物荘厳と唐物数奇
・    なんといっても目当てのトップは国宝でもある曜変天目(稲葉天目)である。南宋時代(12~13世紀)のものと言われている。
・    茶碗の内側の黒い釉薬の上に星と言われる大小の丸い斑点が群在するのである。光を当てると七色の虹のように見えてくる。(光の関係でカタログ程には見えなかったが)何とも妖艶でもある。確率は100万回に一度と言う銘茶器の誕生と聞かされた。
・    第二章:侘茶の誕生―心にかなうもの
・    第三章:侘茶の大成―離宮とその時代
:黒樂茶碗・志野茶碗
・    第四章:古典復興―小堀遠州と松平不昧の茶
・    第五章:新たなる創造―近代数奇者の眼
・    いずれの章も目が離せない。
・    全展示物はプログラムには256とナンバリングされていた。その量もすごい迫力であった。

* そして同時開催されていたのが、国立近代美術館(竹橋)の「茶碗の中の宇宙 樂家一子相伝の芸術」
・    こちらは5月21日までの展示である。当代(15代)楽吉左エ門氏が言っているように37年ぶりの楽家の芸術史だと。足を運ぶことお勧めですぞ。
・    展示品は第1代樂長次郎から15代の楽吉左エ門+16代篤人氏までが展示されている。
・    450年が時系列に展示されており分かりやすい展示を見させていただくことができた。
・    樂吉左衞門館(佐川美術館)に併設されている茶室は、樂吉左衞門館同様、樂氏自らが設計の創案を行ったもの。模型も展示されている。RVで茶室から望む風景を楽しむこともできるからとても満足できる空間だ。

*    翌日の5月6日は以前買って積んでおいた(私の得意とするまさに積読して)いた葉室麟著の「孤篷のひと」を読むこととなった。
・    この作品の主人公は、大名、茶人、作庭、建築、そして書家として名を遺した小堀遠州である。 書籍の帯に、「さわやかであたたかな遠州の心が胸を打つ、歴史小説」遠州の人柄が見事に描かれていた。
・    葉室麟氏の小説はどれも私を魅了する。いつもそうであるように静かなうちに秘められた主人公の熱い思いが私をとらえて離さない!
・    この書をこの機会に是非とも手にして頂けると一層立体的に茶の湯が楽しめること間違いない。


•    2017.3.14 – 5.21
茶碗の中の宇宙 樂家一子相伝の芸術
茶碗の中の宇宙とは、全ての装飾や美しい形を捨て、手捏ねによる成形でさらに土を削ぎ落としながら造形を完成させていった茶碗を用い、その茶碗によって引き起こされる無限の世界、正しく宇宙のように果てしなく広い有機的空間のことと捉えています。
つまり、一服の茶を点てます。相手は、その茶を飲みます。その行為により二人の関係の全てが茶碗の中を巡ります。その茶碗の中を見つめながらの人間の思いは、他に想像もできないほどの大きく深い意味を有し、まさに宇宙と呼ぶべき無限の世界が広がるのです。
今から450年前、長次郎という人物によって創造された樂茶碗は、一子相伝という形態で現在まで続いています。一子相伝とは、技芸や学問などの秘伝や奥義を、自分の子の一人だけに伝えて、他には秘密にして漏らさないことであり、一子は、文字通り実子でなくても代を継ぐ一人の子であり、相伝とは代々伝えることです。
この様な考え方で、長年制作が続けられている樂焼は、長い伝統を有していますが、しかし、それらは伝統という言葉では片付けられない不連続の連続であるといえます。長次郎からはじまり15代を数える各々の代では、当代が「現代」という中で試行錯誤し創作が続いています。
本展では、現代からの視点で初代長次郎はじめ歴代の「今―現代」を見ることにより一子相伝の中の現代性を考察するものです。正しく伝統や伝承ではない不連続の連続によって生み出された樂焼の芸術をご覧いただけます。

~パンフレットより抜粋~

・・・そして同館では「マルセル・ブロイヤーの家具展」が同時開催されていた。

 


ことばの小窓「芽吹き」「桜の花びら散るごとに」

 / 


すまいは巣舞
巣は形・舞は想い
想いを形に
巣舞るフォー・ユー
高田建築事務所

*    この季節はまさに「芽吹く」季節である。
・    長い冬が終わり小動物達も地面から顔を出す。
・    田んぼのあぜ道はネズミやモグラそして蛇による耕しで、キャンバス狭しとアート作品が沢山展示されている。
・    我が家の小さなお庭にも樹々の芽吹き真っ最中である。
・    「芽吹く」芽が出てくる!復活の季節である!もうだれも止めることは出来ない。
・    この季節の生命観には力強い「息吹」を覚える。

*    桜は満開で人々の目を魅了する。
・    しかし、あっという間に散ってしまう。
・    綺麗だ!まさに桜の花びらの絨毯に「刹那」を感じる季節でもある。
・    1週間から長くても10日間と言う短い命の桜の花びらも生命の「輪廻観」を覚える。
・    地面一面に桜模様である。
・    そして、一年中で一番掃除チェックをしてくれる季節でもある。
・    我が社の金曜日は外回り一斉清掃日。
・    落ちた桜の花びらはなかなかとりにくい。雨でも降ろうものならば路面と密着した花びらを集めようとするのは無理に近い。
・    こんな時に桜花びらルンバが開発されるとさぞかし注文殺到かもしれない。
・    それにしても最後まで役に立ちたい桜の花びらは、如何に清掃レベルを上げるか?そんなチェックマンでもあったのだ。

ことばの小窓「雪国植物園が春を告げている!」

 / 


すまいは巣舞
巣は形・舞は想い
想いを形に
巣舞るフォー・ユー
高田建築事務所


*    4月初旬に雪国植物園(新潟県長岡市宮本町)に行ってきた。
・    今年の春先は少々肌寒く気候も寒暖の差があり一定しなかった。しかし、この日は天候に恵まれぽかぽか空気だ。この時とばかりに多くの人々が入園されていた。
・    アクセス道路に掲げられた案内板には見どころとして雪割草が描かれていた。
・    雪解けの山にいち早く咲くのは雪割草にショウジョウバカマ・カタクリの群生が来園者を歓迎してくれる。
・    何とも見事であった。
・    ボランティアガイドのお話しが名調子のため山野草の知識が一気に高まる。正に福耳になっていくのを覚えた。
・    水芭蕉・コシノカンアオイ・ニリンソウも花を添えてくれた。
・    1時間コースがアッと言う間に3時間コースに変身。午後が深まるころの日陰は寒いくらいである。
・    その分空気は新鮮でとても生命の息吹を覚えた。
・    ガイドのおじさんから、これからは様々な山野草が楽しめます。又おいでください。
・    私たちのすぐ近くに宝の山がある。皆様もぜひ足を運んでみていただきたい処である。

 


ことばの小窓「映画:沈黙」

 / 


すまいは巣舞
巣は形・舞は想い
想いを形に
巣舞るフォー・ユー
高田建築事務所

*    沈黙
・    映画「沈黙」を観てきた。マーティン・スコセッシ監督によるものだ。
・    遠藤周作氏の大作:「沈黙」が映画化された第一弾は1971年である。その時の監督は篠田正浩氏であり、私は大学2年生であった。
・    今回の沈黙は映画化第二弾であった。
・    どうしても46年前の沈黙の迫力は忘れることが出来ない。キリスト教土壌で無い日本人監督の目線はどのようにしてキリスト教が日本に根付いていくか?(根付くはずがない視点の様に受け取っていたようだ)
・    命を懸けた信仰:祈りに対する無言の不条理を如何に伝えるか?迫真に迫ってきたからだ。
・    私がはじめて聖書を手にしたのは高校二年の時であったと記憶している。が内容はとても理解したとは言えないが通読した覚えがある。まさに「ツーと読んだ」だけであるが。
・    高校の商業英語授業に宣教師であるアメリカ人が講師としてお出でであったことが出会のはじめであった。
・    当時の私にとっての「沈黙」は「神の不在」とイコールがテーマであったかのように思う。全く短絡化されていたのであった。
・    聖書の神である限りは「私はあってあるもの」である。ザイン「Zein」:出エジプト3:

*    「沈黙=不在」の構図は私の中で長き間くすぶっていた。
・    しかし、聖書ストーリは真逆であった。
・    沈黙を通してしか与えられない神の業・恵は人類への偉大なる愛である。
・    十字架が無ければ、復活が無ければ成り立たないキリスト教における人類救済への道でもあった。
・    十字架上でイエスは大声で叫ばれた。(マタイによる福音書:27:46)と記されている。
・    「エリ エリ レマ サバクタニ」=「わが神 わが神 何故私をお見捨てになったのですか?」
・    全人類の罪を一人十字架で背負わされた神の一人子、イエスの死と復活を通してしか贖罪が成立しなかったと
聖書は伝えている。
・    沈黙を通してしか与えられない神の業は人類へのこれ以上ない豊かな憐みの業である。
・    沈黙は雄弁よりも深く真髄を語ることがある。
・    不在の関係ではなく、より深き愛の業が現れる前兆なのかもしれない!と気づく。
・    遠藤周作氏の「沈黙」を映画化することは私にとってはとても難しすぎる。
・    「沈黙=神の存在」


*    ボンヘッファーの一日一章:主のよき力に守られて!(新教出版社 村椿嘉信訳)
・    4月5日:われわれを見捨てる神
・    僕たちは〈たとえ神がいなくても、この世のただ中で生きていかなければならない〉ということを認識することなしに、誠実であることはできない。
・    しかも、僕たちがこのことを認識するのは、まさに、神の前においてである。神こそが、僕たちにこのことを認識させるのである。
・    僕たちは「成人となる」ことによって、神の前における自分たちの状況を正しく認識するようになる。
・    神は、僕たちが「神なしに生活を営むことができる者」として生きなければならないということを、僕たちに知らしめる。
・    僕たちと共にいる神とは、僕たちを見捨てる神なのである(マルコ15・34)
・    もちろん、「神」という作業仮設なしに僕たちをこの世で歩ませる神の前に、僕たちが絶えず立ち続けることには変わりはない。
・    僕たちは、したがって「神の前で、神と共に、神なしで生きるのである」
・    神はご自身をこの世から十字架へと追いやる。
・    神はこの世においては無力で弱い。
・    しかし、神はまさにそのようにして、しかもそのようにしてのみ、僕たちのもとにおり、また僕たちを助けるのである。
・    キリストが自分の全能によってではなく、自分の弱さと自分の苦難によって僕たちに助けを与えるということは、マタイによる福音書8章17節の「彼は、わたしたちの弱さを身に受け、わたしたちの病を負った」という言葉からも全く明瞭である。
・    この点があらゆる宗教との決定的な相違点である。
・    人間がもつ宗教は、人間が困窮に陥ったときに、この世において神の力を示す。
・    ところがその場合の神とは、人間の陥っている境遇に、無理やり引き寄せられた「神」にほかならない。
・    しかし、聖書は、人間に神の無力と苦難を示す。そしてこの苦しむ神こそが、人間に助けを与えることができる神なのである。
・    その限りにおいて、〈この世が成人となる〉ということは、〈誤った神概念が一掃される〉ということであり、〈僕たちの目が解放され、その結果、この世の中で「無力さ」によって「力」と「場所」とを獲得する聖書の神を見るようになる〉ということなのである。
・    
rf:ボンヘッファー(牧師:ドイツの古プロイセン合同福音主義教会の牧師。20世紀を代表するキリスト教神学者の一人。 第二次世界大戦中にヒトラー暗殺計画に加担・挫折・処刑される)



*    「沈黙 < 存在」 
・    沈黙を見ながら言葉がやってくる・・・・・・・・・
・    モーゼが尋ねる。「あなたの名は?」声が聞こえる。「私は有って有るもの」(出エジプト記)

ことばの小窓「3(ミッツ)ション」

 / 


すまいは巣舞
巣は形・舞は想い
想いを形に
巣舞るフォー・ユー
高田建築事務所

*    どうしてこんなに迫力とエネルギーがあるのだろう?
・    かつてTVでおなじみのジャパネットたかたの髙田明元社長の講演を聞いた。
・    と言うよりも90分衝撃波を受けたと言った方が適切かもしれない。
・    いつもは中列あたりで聞くのだがこの日は真ん前で聴講した。
・    聴講者からは笑いと拍手の渦であった。講師と聴衆者の織りなすコラボレーションステージをいつの間にかつくりあげるマジシャンでもあった。
・    2年前にトップを承継し、現在は新会社(A&LIVE)の社長としてチャレンジしておられる。きっと、生きている間リトリートはないのだろう。
・    現在68歳と言う。私より1歳先輩である。あと50年生きると言っていた。118歳でギネスにのるのだそうである。何でこんなにエネルギッシュなのだろう?
・    話はご自分の過去の足跡から本日までの生きざま講座は流暢であり、声高な話し方は衰えていない。
・    事業承継するときに大切なことが一つある。その他は良い。それは「Missyon:ミッション」である。会社の存在の意義・使命は重大である。このミッションが共有できていれば先人は何時バトンを渡してもいいと言い切られる。
・    そして大切なのは「Passion:情熱」である。熱く熱く思いを語り、「Action:行動」を起こす。

*    「ミッション」・「パッション」・「アクション」の三ションが奏でる協奏曲だ!
・    情熱を持った語り口は聞く人たちの五感をバイブして止まなかった。
・    事業経営の指南をしてくださった。感謝!

*    髙田と高田の違い???
・    私の高田の高は一つの口の上に部首の鍋蓋がある
・    一方ジャパネットたかたの髙田の髙ははしごである。三つの口の上に部首の鍋蓋である
・    三つの口には一つの口では勝てないわけだ?
・    益々の元気をお届け下さい。

profile_blog takada_prof_img

    プロフィール

    高田清太郎

    1949年新潟県長岡市生まれ
    (株)高田建築事務所 代表取締役

    経歴を見る

    1973年
    日本大学理工学部建築学科卒。

    1976年
    現事務所を設立。

    1996〜97
    新潟大学工学部建設学科非常勤講師

    1996〜97
    県立新潟女子短期大学(新潟県立大学)生活学科非常勤講師

    2011〜
    新潟大学大学院自然科学研究科非常勤講師

    2014年〜
    長岡造形大学非常勤講師

    2003〜2004、2007〜2008、2011〜2012、
    日本建築学会作品選集支部選考部会委員

    所属
    日本建築学会
    新潟県建築士会
    新潟県建築士事務所協会
    秋山孝ポスター美術館長岡サポーターズクラブ会長
takada_kotoba

TITLE

CATEGORY

ACHIVEMENT