シンボルマーク

House

季の器 ときのうつわ 三条市 K様


三条市
平屋
テラス・中庭 ・土間
景色を取り込む
スタイリッシュ モダン

自分で自分を「もてなす」
それは最上級のおもてなし。

春風に吹かれて葉がゆらゆらと気持ち良さそうな欅
初夏の日差しにバラがポンポンと大きく咲いたアーチ
そして、真っ赤な紅葉から真っ白へと雪化粧をまとう
季節の移ろいと彩り。

時の経過ではなく
四季の変化を
全ての空間が生かしてくれる。

帰ってきてホッと一息つき、
リビングでくつろぐ。
料理の支度をしていても
リズムに乗ってドラムを叩いていても
その移ろいと彩りが体の芯を染めてゆく。

そんな愛着ある全てのものを生かせる
自分だけの「器」。

その佇まいはどこか懐かしいような
しかし。これまでとは全く異なる
思いの詰まった「器」。