ブログ

絵本作家 村上康成さま+近藤麻智子トークショー At グランチャ

2016.06.8

すまいは巣舞
巣は形・舞は想い
想いを形に
巣舞るフォー・ユー
高田建築事務所

*    5月も素早く過ぎ去った。光陰矢のごとしである。
・    5月の爽やかな風が通り過ぎる森の中。遠望すれば日本海のさざ波がきらきらと光っている。
・    ここはグランチャ:寺泊の小高い岡の上に佇んでいる絵本館である。ネーミングのグランチャはグランドチャイルド(孫)の意味だそうだ。なんと名は体を現すである。親子の参加もいいがネーミングのようにジーバーと孫のコラボを受け入れてくれる絵本館である。
・    館長は近藤泰子さん・アシスタントは旦那の和義さん。息の合ったコラボレーションで今までも粋なイベントを何度も開催してくれた。土日だけの開館なのでその日は結構込み合うとも聞いた。
・    5月初旬に開催された絵本を読みながらヨガを楽しむイベントは机に向かって同じ姿勢で凝り固まった身体をほぐしてくれる。ヨガ入門が子どもとのハグで始まる。
・    そして5月中旬には絵本作家である村上康成さんと館長の娘さん(現在東京にてフリーアナウンサー)である近藤麻智子さんの対談トークショーであった。
・    村上さんの絵本は時に哲学的であり大人にも考えさせるマルチジェネレーションに発信している。
・    時にサンテグジュペリの「星の王子様」のように考えさせ、世阿弥の「せぬことこそ面白きや!」を思い出させてくれる。余韻は深く心に留まる。

この記事をシェアする