お知らせ

2009年4月以降製造の
「特定保守製品の点検」について

自分でできるメンテナンス 2019.03.8

2009年4月1日に施行された「長期使用製品安全点検制度」に基づき、製造から10年を経過する「特定保守製品」をご購入いただいたお客様に各メーカーから点検の通知ハガキが届きはじめていると思います。
(※お引渡しの際にお渡ししている所有者票を各メーカ―にお送りいただいた方のみ、ご案内の通知が届きます)

安全にご使用いただくための「法定点検」になりますので、点検の通知が届きましたらメーカーへ点検の依頼をお願いいたします。

特定保守製品の点検について

 

特定保守製品の点検について 特定保守製品の点検について

 

▶長期使用製品安全点検経度のリーフレット(経済産業省発行)ダウンロードはこちらから(PDF:1MB)

 

また、特定保守製品以外の製品にもメーカーが推奨する「あんしん点検」を行っているメーカーもあります。

特定保守製品の点検について

(リンナイHPより抜粋)

点検お知らせ機能”を搭載している機種もあり、例えば給湯器の場合、リモコンに「88」もしくは「888」の表示でお知らせします。

この場合はメーカーによる点検後、表示を消すことができます。

(※故障エラーではないのでお湯は使用可能です)

特定保守製品の点検について

(ノーリツHPより抜粋)

 

* 法定点検・あんしん点検のお申込み、お問い合わせ先 *

【ノーリツ】
コンタクトセンター
0120-911-026
携帯電話からは 0570-064-910 (通話料がかかります)
https://www.noritz.co.jp/info/houtei/prod.html

【リンナイ】
保守点検コールセンター
0120-493-110
https://www.rinnai.co.jp/safety/system/index.html

【パナソニック】
長期使用製品安全点検センター
0120-841-344
https://panasonic.co.jp/chouki/doc01.html

【長府】
0120-921-971
https://www.chofu.co.jp/support/input/inspection/a.html

※上記以外のメーカーをお使いのお客様は
メーカーホームページもしくは取り扱い説明書に記載のお問い合わせ先をご確認ください。