リフォーム実績

Work of Takada Architect studio

土間でつながる暮らし

長岡市
フルリフォーム

「土間でつながる暮らし」
– 築32年のリノベーション –

昔ながらの和室がいくつも続く家、草木で生い茂った広い庭
決して綺麗ではなかったけれど、たくさんの可能性を感じた
新築ではなく、リノベーションという選択

LDK - ウチ土間 - ソト土間 - 庭
フラットにつながる土間が、家の中と広い庭の距離を縮める
薪ストーブに火を灯せば、まるで外で焚火をしているような気持ちよさ
外とのつながりがLDK空間をより大らかに見せてくれる

大きなワンフロアの中で 無垢材、土間、タイル、塗り壁 と素材を変えて
それぞれの居場所を少しずつ作っていく
時にはDIYをしながら、自分好みに近づけよう

暮らしながら、少しずつ手を加えていけばいい
住まいづくりはまだ始まったばかり

家族構成
ご夫婦
築年数
32年
構造
木造2階建て
工期
5ヶ月

昔ながらの間取りを大きなワンルームに

1階部分は壁や建具を取り払うことで広々空間へ。LDKは開放感のあるワンルームに。リビング正面の塗り壁と造作ソファは施主様DIY。

縁側を土間のインナーテラスへ

土間部分はラグを敷けばくつろげる場所になり、冬場は薪置き場として使えるスペースに。床と天井の素材を変えることで、リビングとは異なる雰囲気の空間となった。

壁付けキッチンで広く見せる

圧迫感が出ないよう、壁付けを採用したキッチンスペース。ダイニング横の作業カウンターはワゴンやごみ箱のサイズに合わせて造作し、使い勝手が良くなるように。

水回りはまとめて使いやすく

トイレ・洗面台・脱衣室・サンルーム・浴室を近い場所に。水回りは玄関・キッチンからアクセスしやすい場所に設け、生活導線をスムーズに。