新築住宅事例

635

平屋の家

新潟市 T様

古き良き住まい方を現代風にアレンジして、水平のみの動線で構成してゆく。
垂直方向の移動をなくし、1層の平面のみで生活を考え始める。
自然と庇は長くなり、古き良き涼の取りやすい住まい方が見えてきた。
ジパングというDNAに誘われるまま、私たちは進んでゆく………。
Nostalgic.1 土間
深い庇に招き入れられる小砂利敷きの土間。
松の式台、窓から見える緑、涼の香りがやさしく漂う。
Nostalgic.2 引戸
両骨の框戸。太鼓貼障子戸。和紙の襖。松の板戸。
自在に空間を調節できる引戸は、古き良き時代から学ぶ。
Nostalgic.3 梁と羽目板
居間の天井は高く、黒い松の梁。
ちょうちんが優しく灯る羽目板の天井。
Nostalgic.4 庇と濡れ縁
居間と庭を繋ぐ濡れ縁。
深い庇は雨を除け、四季を通して陽射しを調節する。
古き時代へタイムスリップしたような懐かしい空間と、未来へタイムスリップしたような新鮮な空間を織り交ぜる。
その空間の答えは、哀愁漂う空間となった。

Owner’s Voiceお客様の声

DATA:

家族構成
場所
構造
床面積
敷地面積
竣工

Other Works他にもさまざまな住宅を手掛けております

一覧へ戻る