新築住宅事例

446-2

音を楽しむ家

小さな音楽堂

新潟市 S様

私達にとって心地よい音楽を見つけた。

音楽は、数種類の楽器が奏でる、複合した音域の音色によって成り立っている。
その音色には、色や感情が付いている。
明るい音色、暗い音色。激しい音色、軽快な音色。あまーい音色、しょっぱい音色。
人により、この音色は好みが明確に分かれてしまう。
私達には心地よい音色が、人には雑音として伝わる場合がある。
音を楽しみながら遮断するのは難しい。
自分の音色を自分の音で自分でつくって自分で聞きたい。
だから私達は、音がつくれる場所を探した。

ここを見つけた。

私達の音色がもし小さな雑音だとしても、
小鳥や虫達の鳴き声、子供たちの遊びまわる声が、ちょうど良い音域となって混ざり合うに違いない。
この場所で私達は、自分達の音色をつくってゆく。
そう、自分の生活リズムで、自由な時間に自由なだけ好きな音色を楽しむ。

私達にとって心地よい音楽をやっと見つけた。

Owner’s Voiceお客様の声

DATA:

家族構成
場所
構造
床面積
敷地面積
竣工

Other Works他にもさまざまな住宅を手掛けております

Related Post

一覧へ戻る