新築住宅事例

436

Skipこんてな

だんだん畑の家

新潟市 M様

その昔、人々は自分達の生活を維持する為に山や谷を切り開いた。
知恵を絞り石を積んで石垣を造り、川から水も運んだ。
同じように知恵を絞れば、実現するに違いない。
ここで、生活を維持してゆくのだから。

この景観は美しい。
苦労して造られ、年月をかけて耕されてきた分だけ美しい。
太陽を燦燦と浴びながら生活を耕す。
太陽の香りをいっぱい含んだ空気は心地よく、からだじゅうを洗ってくれる。
空気が、だんだん畑を下りてくる。
ダイニングという場所で気兼ねなく胡坐をかく。
書斎という場所で、キッチンと会話する。
気になるスポーツニュースを聞きながら、階段という場所で読書をする。
おにぎりと水筒と帽子をもって、ずっとここに居たくなる。

どの空間に居ても生活や家族の雰囲気を感じる事ができないか。
家族みんなが、ほどよい距離感でお互いの雰囲気を感じながら生活する事ができないか。
そこで、空気に段差をつけてみた。

この畑は、私達家族で耕してゆく。ずっとずっとず~っと......。

Owner’s Voiceお客様の声

DATA:

家族構成
場所
構造
床面積
敷地面積
竣工

Other Works他にもさまざまな住宅を手掛けております

Related Post

一覧へ戻る