新築住宅事例

576

たたみSKIP

新潟市 K様

 

室町時代。書院造が登場し、畳が敷かれ茶道とともに、
正座が日本人の伝統的文化として定着していった。
江戸時代。畳は建物の重要な要素となった。
そして平成。
畳は重要な要素ではなくなっていた。

そんな畳を私達は、建物の軸とし、畳を中心に間取りを
切り開いていった。
ふわっと畳を空中浮遊させることにより、様々な用途に
活用できることに気がついた。
何に活用できるかは、皆さんの目で確かめて欲しい。
和室と言う固有の文化に偏らない、近代的な活用が
待っている。

Owner’s Voiceお客様の声

DATA:

家族構成
場所
構造
床面積
敷地面積
竣工

Other Works他にもさまざまな住宅を手掛けております

Related Post

一覧へ戻る