新築住宅事例

529

懐かしい未来

Kaleidoscopeの家

新潟市 I様

  

懐かしい思い出を残す方法として、私たちは様々な手段を使ってきた。
現代では、その思い出がデジタル化され、色あせた写真の存在が消えつつある。
懐かしいものは、懐かしい姿が一番似合うのではないだろうか。

未来を想像する時、私たちは様々な基準で未来を想像する。
現代では、厳しい現実を見つめてしまい、まだ訪れていない未来を自分の基準で決め付けてしまっている場面に遭遇する。
未来は無限大である。夢や希望も無限大を維持して行きたい。 
いつまでも…………。
仕事から帰宅すると、必ず一台のバイクがいつも同じ場所に佇んでいる。少し薄汚れているが、大切な思い出である。もうエンジンをかける事はなくエンジン音も聞くことはないが、私たちと一緒に未来へ向かう大切な思い出でもある。
キッチンと一体となった大きなテーブルに座り、よく冷えたアイスコーヒーで一息つく。
妻が弾くグランドピアノの足元で一人は絵本を読んでいる。もう一人は、夕寝?だろうか、タオルケットを掛けて耳慣れたピアノの音を聞きながら爆睡中である。
10年後、この子達が2Fのカウンターで本を読んでいる姿を想像する。小さい頃、昼寝や夕寝をしていた畳を眺めながら…….。

この家には、思い出と将来の夢や希望をぎっしりと詰め込んだ。
その時々で、様々な表情を見せて欲しい。
万華鏡のような、想像を遙かに超えた楽しく美しい表情を。

Owner’s Voiceお客様の声

DATA:

家族構成
場所
構造
床面積
敷地面積
竣工

Other Works他にもさまざまな住宅を手掛けております

一覧へ戻る