新築住宅事例

500-12

じっくりコトコト熟成した家

まちゅあ House

新潟市 T様

 

2008年APRIL 私たちは放題紙という小さなメモ用紙をもらい書き込んだ。
「冬、暖かい家」
「気持ちよい無垢の床」
「雨の日でも車から濡れずに入れる玄関」
「洗面と脱衣は別々がいい」
「土間の食品庫」
「できるだけ引き戸」 … … … 。

住まいづくりには様々な道のりがある。
時には思いとどまる事も必要と感じた。
計画には充分に慎重になった。
大事業には、思い切りと決断が必要な事にも気がついた。
そして、熟成期間を設けることにした。

2010年APRIL 再始動。
久しぶりの再開で分かったこと。
自分たちの核となるベースは変わらない。
思い描いていた形は、色褪せなかった。
結果、ほんのわずかなアレンジで計画は再スタートできた。

住まいづくりには様々な道のりがある。
時には思いとどまる事も必要だった。
時が想いを熟成してくれた。

2011年JANUARY その小さなメモ用紙は現実となった。
 

「まちゅあHouse」で熟成された想いをご体感ください。

Owner’s Voiceお客様の声

DATA:

家族構成
場所
構造
床面積
敷地面積
竣工

Other Works他にもさまざまな住宅を手掛けております

一覧へ戻る