新築住宅事例

500-8

DREAM STORY 3

燕市 M様

  

ぼく達はずっと夢を見ているような気がしていた。
実際には、不可能なことを探しているような気がしていた。
どこに行っても、どこを探しても、誰に頼んでも、結果は一緒だった。
ぼくとしては、全部が消化不良に終わっていた。 

何度も海を渡った。
ある時は、何度も高速道路をひたすら走った。
ぼく達兄妹の体力は限界に来ていた。

そんな時、テーブルの上で一枚の紙を見た。
そこには、四角い形が三つ描かれていた。
三つ?? 今まで見てきたものは全て二つだった。
ぼくは、しばらく一枚の紙の前で立っていた。
これだ。これでいい。これでいいんだ。何回も心の中で叫んだ!
ぼく達の夢が現実に近づいた瞬間だった。

Owner’s Voiceお客様の声

DATA:

家族構成
場所
構造
床面積
敷地面積
竣工

Other Works他にもさまざまな住宅を手掛けております

Related Post

一覧へ戻る