新築住宅事例

391

いたずらショコラティエの家

Chocolat Brown

新潟市 H様

じゃ~ん。今日は引越しの日。
もちろん、ぼくたちの家。
たくさんの荷物を積んで、長い時間車でやってきた。
やっと目的地に到着だ。
パパとママが一生懸命つくった、ぴっかぴっかのぼくたちの家だ。
玄関ドアをあける。おっっ、明るくて気持ちがいい。
ぼくとおねえちゃんが走り回っても大丈夫。カッコイイし、快適度はたかそうだ。

早速ぼくたちは、家の性能評価を開始した。
広いリビングと小上がり和室。天井の高い寝室と、隠れ部屋のようなロフト。
ぼくとおねえちゃんの部屋もしっかりとある。ぼく100点、おねえちゃん75点。
ちょっと不満そうなおねえちゃんは、ぼくに言った。
「ちょっと何か足りないと思わない?」
『むむむっ、べつに。』
「わたしお菓子の家がいい。チョコレートたっぷりの家がいい。」
『むふふっ。チョコレートの家……これだ!』

夜中におねえちゃんに起こされた。
作戦決行の時間だ。
おねえちゃんは、ママお気に入りのキッチンでチョコレートを作り始めた。
ミルク・ホワイト・ビターがあるらしいが、何がなんだか良くわからないぼくは、
出来上がったチョコレートを家中にぬりまくるだけだ。
和室はちょっと大人な「ブラックチョコレート」だったらしい。
調子に乗って「生チョコ」や「カスタードクリーム」も作ったらしい。
最後にチョコレートが溶け出さないように、アルミ箔で家をすっぽりと包んだ。
これにはさすがにくたびれた……。
完成だあぁっ~。Zz… zz… …。

Owner’s Voiceお客様の声

DATA:

家族構成
場所
構造
床面積
敷地面積
竣工

Other Works他にもさまざまな住宅を手掛けております

一覧へ戻る