新築住宅事例

360

Spirit of healing

のすたるじあの家

新潟市 K様

   

私たちの暮らす住まいは、
近年様々な変化をしています。
この事は、進化と考えるべきなのでしょうか。
少し昔に遡って考えて見る事にしました。
私たちの心の中を見つめ直しながら……。

土間の玄関
たくさんの人達を迎え入れたいので、
玄関は土間としました。
ちょっと腰掛けて、
縁側の向こうに見える緑を眺めながら、
世間話を楽しみます。

蔵という名のウォークインクローゼット
何でも収納できる場所。大切な物を置く場所。
昔はよく、このような場所を
蔵と言っていた様な気がします。

茶色い茶の間
家族が集まる場所。板の足ざわりが気持ちいい。
はりが出た斜めの天井。
ちょっと懐かしい褐色の空気。リビングではなく、
茶の間と呼ぶべき居場所です。

さいころの間
ちょっとした小上りに敷かれた、6枚のさいころ畳。
この畳たちが、急速に進みすぎる進化に
少しブレーキを掛けてくれます。
ここですることは、もちろん昼寝です。

炊事場
独立しているようで、
ちゃんと茶の間と繋がっているキッチン。
扉を開けているときは、
ダイニングキッチンと呼びましょう。
扉を閉めたら、料理天国の炊事場の名が相応しい。

四角い縁側
ガラスの屋根が付けられたベランダ。
そこにスノコを置くことにします。
目的は日向ぼっこ?
やっぱり、縁側と呼ぶことにしました。

LDKと呼ばれたり、クロークと呼んでみたり、
デッキと名付けたり、私たちの住まいを
ちょっとだけ日本語の目線で見てみませんか。

Owner’s Voiceお客様の声

DATA:

家族構成
場所
構造
床面積
敷地面積
竣工

Other Works他にもさまざまな住宅を手掛けております

一覧へ戻る