シンボルマーク

House916

直線と曲線のコンポジション 美術館の家 新潟市 K様


新潟市
コートハウス
景色を取り込む
こだわり水回り
和モダン

アトリエから半球の余白を見上げ、イメージを膨らませる
テーマはゆったりと流れるような暮らし

この美術館を、バーチの変則的なリズムと規則正しい律動で包み込む
天井の傾きは光源と広がりを計算してデザインした
落ち着いた柔らかい光が満ちていく

そうして出来た空間に
ひとつずつ創り上げた作品たち

空間同士を繋ぐ、伝統的な黄金比で構成された障子
プライベートとパブリックを分割する、四分円と格子
丁寧に描いた半円はメイン空間の中央で暮らしを支えている

コレクションは始まったばかり
ここは私たちのための美術館

ボリュームを抑えた白く上品なデザインの外観

外観

ボリュームを抑えた、白く上品なデザイン

LDK

ヘリンボーンとすだれ張りを組み合わせたLDK

中庭

杉板型枠のRC塀と植栽、軒天の米杉がアクセント

玄関

ドーム天井で開放感のある玄関

ダイニング・キッチン

半円のカウンターダイニングと、照明でお気に入りの器を綺麗に見せる食器棚

和室

和紙貼りの襖・吊収納の下に仕込んだ間接照明が、落ち着いた雰囲気を作る

書斎コーナー

中庭とリビングへ繋がる内窓で特別な空間に

子ども室

2階に一つだけ設けた子ども室は、ボリュームを抑えた外観を損なわないよう、屋根なりの勾配天井とした

WIC

中地にフェルトを張ったアクセサリー収納のある、造作WIC