新築住宅事例

596

わんぱくぱーく

新潟市 T様

一昔ほど前、元気な男の子が生まれた。
その少し後で、また元気な男の子が生まれた。
そのまた少し後で、今度はかわいい女の子が生まれた。

その子供達は、
ご飯を食べ、寝転がり、飛び跳ね、床や壁を傷つけながら遊び、少し勉強して、ご飯を食べ、喧嘩をして、仲直りをして、お風呂に入って、歯磨きをして寝る。
そのすべての行動を大人達が把握することは不可能に近く、子供達の動線が重複すると、ぶつかってしまい、結果、喧嘩となる。
そこで、空間・動線を子供達の行動に合わせ組み立てていった。
くっつき過ぎない、離れすぎない、程よい距離を目指した。

螺旋のポーチを上がり、玄関に入る。
一人は、洗面室に飛び込み手を洗い、食品庫でお菓子を拾い、キッチンでジュースを注ぎ、ダイニングでお菓子。
一人は、トイレに飛び込んだ。
最後の一人は、すぐに階段を上がり、スタディカウンターで絵本を読み始めた。
もちろん、見下ろしたリビングのTVに映る、おかあさんといっしょを見ながら。

いまのところ、巣舞の動線は子供達に馴染んでいるようだ。
壁に傷がついたら、また塗るから大丈夫。
床が凸凹になったら、削るから大丈夫。

子供達よ、逞しく育て………。

Owner’s Voiceお客様の声

DATA:

家族構成
場所
構造
床面積
敷地面積
竣工

Other Works他にもさまざまな住宅を手掛けております

一覧へ戻る