新築住宅事例

673

Bittersweet Sambaの家

新潟市 T様

  

ダットサンの車が通り過ぎるのを待ち、
木製の黒い電信柱を曲がり家路を急ぐ。
ランドセルから飛び出しそうな竹の定規を押さえ、
引き違いの玄関戸をガラガラと開けると、
ぜんまい式の掛け時計がボーンボーンボーンと3時を
告げた………。
有耶無耶な記憶の中でBittersweet Sambaのような曲が聞こえる。
目を覚ますと我が家の黒電話がジリリーンジリリーンと鳴っていた。
昔ながらの傷のついた建具を開け電話をとった。
「チン」

私たちが選択したのは、あなろぐレトロな空間。
脳の中に蓄積された、懐かしい思い出を白い紙に
投影した。
大切な思い出をしまい込んだ箪笥を置く部屋。
昔から育てた樹々を見る部屋。
大切に集めた本を置く本棚。
トップライトから落ちる陽の光は、昔と変わらない
やさしい光。

就寝前のくつろぎは、また今日もBittersweet Samba。
脳の中枢が少年に帰り、明日への希望が湧いてくる。
新しいリビングでは、ずっと我が家を守り続けた黒電話が今日も頑張っていた。

Owner’s Voiceお客様の声

DATA:

家族構成
場所
構造
床面積
敷地面積
竣工

Other Works他にもさまざまな住宅を手掛けております

Related Post

一覧へ戻る