fbpx

新築住宅事例

702

HAYABUSAほわいと

新潟市 S様

 

2005年夏。
イオンエンジンを搭載した小さな探査機が、
ある小惑星に到達し、観測とサンプル採集に成功した。
2010年6月。
その小さな探査機は、永い旅を終えるべく、地球に大気圏再突入し世界に感動をあたえた。
あれから6年後の2016年6月。
新たなプロジェクトが進行していた……。

ぼくの名前は、HAYABUSA。

より効率的に、より強く、より美しく。
そして、よりコンパクトに世の中を旅するため、「HAYABUSA」と名付けられた。
当然、ここまで来るには、数々の試練が待ち受けていた。
度重なる設計図の書き直し。
繰り返される資材の選別と調達。
厳しく要求されたハイレベルな施工精度。
どの分野も目標値に到達しない限り、僕の存在はありえないのだ。

キャビンへのアプローチは木製デッキを採用し、楽しい旅へと導く。
キャビン内には、小さな吊橋が設置され内部を一望できるようにした。
レストランのテーブルは、可能な限りコンパクトに設計され作業性を最優先させた。
パブリックスペースには畳を敷きこみ、様々な用途で活用する場と位置づけた。
ボディは、コンパクトでも目だつよう、真白を選択。

僕は「HAYABUSAほわいと」と改名され、新たな旅が始まった。

Owner’s Voiceお客様の声

DATA:

家族構成
場所
構造
床面積
敷地面積
竣工

Other Works他にもさまざまな住宅を手掛けております

Related Post

一覧へ戻る