お知らせ

新しい曲「四季節」が誕生しました!

お知らせ 2019.03.19

 

 

高田清太郎ブログ「新しい時代には新たな歌を!」

 

 

朝の散歩で命の空気をいただいています。

越後路は日本屈指の稲作地帯です。

四季折々の景色で作られる命の川・恵みの賜物に感謝して元気を今朝もいただきました。

すがすがしい曲になっています。お楽しみください。

 

↑クリックすると再生します。

 

四季節

作詞:高田清太郎
作曲:日比野則彦
歌:日比野愛子

 

今日この頃 春です
いのちの苗が 床につくとき
空から天女が 舞い降りて
山々の息吹が 漂い満ち
空に舞う鳥たちが 水面に映え
越後路は 一夜にして 水鏡と化す
越後路の 越後路の 今日この頃 春です

今日この頃 夏です
いのちの苗が 背伸びするとき
爽やかな風が 通り行く
稲穂が風に 大きく揺れ
目に見えぬいのちが 芽吹くときに
越後路は 一夜にして 緑の海原に
越後路の 越後路の 今日この頃 夏です

今日この頃 秋です
いのちの恵み 稲穂のすがた
頭を垂るる 贈り物
刈り入れの音と 甘い香り
金色の田畑を 包み込む
越後路は 一夜にして黄金の大地に
越後路の 越後路の 今日この頃 秋です

今日この頃 冬です
いのちの川面に 白い絨毯
やがて厚布団に変わる
足あとの影が 見え隠れし
大地が真白に 染まるとき
越後路は 一夜にして 命の源に
越後路の 越後路の 今日この頃 冬です