施設・店舗建築事例

長岡福音キリスト教会

 

これは小さなスペース、そして大きな教会のお話。

 

教会を作りたいと依頼を受けた。教会員は40名近くであり、歴史は67年。

私達はこの土地と歴史・時間軸を読み、知ることから始めた。

教会に集う人々や歴史を大切にしたい。

住宅地・小規模面積という厳しい敷地条件だった。

 

教会の象徴「十字架」が持つ意義を考えた。

それは「裁く義の神」と「救いの愛の神」が交わること。

この相反する2つが1つの十字架の上で整合し、パラダイムシフトを起こした。

 

十文字型(平面)、垂直型(立面)は教会の伝統的スタイルだが

大規模な街のシンボルではなく、街に寄り添う小規模な教会を目指した。

 

狭小敷地の中、小を大に見せる対比錯覚効果を取り入れた。

・空間の大小の対比錯覚効果で広く

・礼拝堂入口と十字架を対角線上にし√2の広がりを

・1F礼拝堂と2Fギャラリーを連続させ奥行を

・2方向の外部から見える十字架で室外を室内化

・2F天上構造を外から見せ街路灯のように

 

         

Other article他にも様々な店舗を手掛けております

Related Post

一覧へ戻る