ブログ

ブログ名誕生“千一朝物語”

2009.06.1

何事をするにもテーマを掲げタイトルを決め、そしてコンセプトをつくりこんでいこうとする習性は、
建築の設計を職業とする私の性と言っても良いかもしれない。
ブログ開設にもネーミングがいると言う。スタッフから早くつけるように催促されていたが
中々出てこない。いつでも替えてもいいから、仮でもいいからつけてくれという。
名は体を表す!名前はそんなに簡単に変えられないと思っている私からすると少々困惑気味でもある。
“たかがブログではないかと言われはするが、私にとっては初めてのブログ”である。
緊張がないといえば嘘になる。
しかし、いつでも替えられる。替える事もできると言うアドバイスは、
私の肩に入った力を抜くにはとても良き特効薬でありナイスサジェスチョンであった。
その瞬間によぎった音楽がリムスキーコルサコフのシェヘラザード:千一夜物語の交響組曲である。
千夜一夜物語と言われるが、子供時代には別名「アラビアン・ナイト」で親しんできた。
ブログを千一夜も続ける?とてもとても肩の荷が再び重くなる。“胸に一物、手に荷物かな!
”それにもまして私も昔と違って夜型から朝型人間になってしまっているのであるから。
それならそれで夜物語ではなく散歩しながらの朝物語ブログにしてはと、
いい加減なもう一人の私が真顔の私に語りかけてくる。こうなると話は早い。
アラジンの魔法のランプを当てにしての出発である。
ランプを擦ると魔神〔ジニー〕があらわれ私の願いに耳を傾け必ず知恵を与えてくれることを信じて。
千という数字で連想するのが、奈良・吉野の金峯山寺で、険しい山道を年に120日、9年間かけて歩き続ける
「大峯千日回峰行」である。千が重荷の数字ならば百にして百一朝物語になる日も遠からじ。
一週間に最低一回更新するだけでいいと言われて気が楽〔落では無い〕になった。
“シェラザード”を聞きながら明日のブログはどうなるか“知られざれど”と気軽なジョーク〔ジョウキリョク:常気力〕で出発である。
※・・・・千一夜物語とは:妻の不貞を見て女性不信となったシャフリヤール王が国の若い女性と
一夜を過ごしては殺していたのを止めさせる為、大臣の娘シェヘラザードが自ら王の元に嫁ぎ、
千夜に渡って毎夜王に話をしては気を紛らわさせ、終に殺すのを止めさせたという物語である。
話が佳境に入った所で「続きはまた明日」とシェヘラザードが打ち切る為、
王は次の話が聞きたくて別の女性に伽をさせるのを思い留まり、それが千一夜続いたという。
(※ウィキペディア「千夜一夜物語」より抜粋)

 ジニーはタカダの夢を叶えてくれる?

  1961年録音     42年前(高校3年生)に買ったレコードが
アンセルメ指揮スイスロマンドオーケストラ                   キャビネットから出てきた

この記事をシェアする