ブログ

長岡花火:レクイエム(鎮魂歌)花火!

2012.08.8

長岡花火:レクイエム(鎮魂歌)花火!
静の花火:動の花火* 20120803:今年も長岡花火で「高田建築事務所と愉快な仲間たち」でベスビアス超大型スターマインを打ち上げることが出来たこと:グループにとっては3年目である:愉快な仲間たち関係各位には衷心より感謝申し上げる次第である!
・ 昨年の豪雨の後の打ち上げとは違って、今年の花火大会は両日ともとても良き花火日和になってくれた。風も適度にあり打ちあがった硝煙は一瞬にしてクリーニングされてクリアーステージで次の花火が上がる。どの花火も綺麗であった。そんな訳で今年も参加者皆で大いに楽しむことが出来た。
・ そして何よりも翌日以降、会う人会う人からは“良い花火だったよ!”“元気あったね!”と声援を頂くことが出来た。反響も徐々に会社の方にも届いてきたからうれしい限りである。“来年も頑張って上げてくださいね!”と声援も飛んできた。観たよコールのリアクションは昨年の比ではなかった。これも3年目効果なのかもしれない。 高田建築事務所と愉快な仲間たちがあげるベスビアス超大型スターマイン!打ち上げ開始!・ 長岡花火は2005年に地震からの復興を願って「フェニックス花火」が平原綾香のご挨拶スピーチと歌と共に打ち上げられた。これは凄い花火である。
・ また、 大河ドラマ:天地人:直江兼続に因んで「天地人花火」が池端信宏氏総合プロデュースの元で打ち上げられた。5年目になるそうである。こちらも音楽とのコラボでとても壮大な花火である。
・ そして今年からは大林宣彦監督の手になる長岡花火物語の映画化:「この空の花」を記念してとても素晴らしい花火が打ち上げられた。久石譲作曲による「この空の花」の主題歌に載ってとても感動する物語花火であった。
・ 長岡花火はどんどんフィーバーして行く!その合間を縫って打ち上げられる私達の花火は比較するととても小さいかもしれないが、それでも身の丈に合った純度の高い花火と想い上げさせて頂けること自体が感謝である。
・ そして、来年も当社打ち上げが出来るように頑張りたいと思っている次第である。
・ 花火を上げる動機は様々である。商業イベントの一貫であるエンターテインメント花火・競技花火とあるが、長岡花火は何と言っても鎮魂歌花火・レクイエムファイヤーであるから他の花火とはベースが違う。そしてその最たる花火は8月1日22:30に上げられる。白菊3発である。* 今年長岡市は長岡空襲から67年目になる。
・ 1945年8月1日日本時間午後10:30より翌2日の午前0時10分間のあいだにアメリカ軍の爆撃機125機による空襲が行われた。約16万発の焼夷弾が落とされた。1470名近くの命が落とされ、焼失家屋は12000件に上ったと聞いている。
・ 慰霊と再び戦争を起さないようにという祈りをかけての打ち上げであった。
・ 今年も白菊は漆黒の夜空に多くの御霊を鎮魂するかのように清楚に、そして確かな品格を保って次世代に伝えるべく使命を持って大きく開輪した。良い花火であった。

   レクエム花火:8月1日22:30に打ち上げられるレクエイム花火:白菊3発!

 元祖・長岡花火師:嘉瀬誠次さんのお話が奥様とご一緒に新潟日報に取り上げられていました。

* 様々な思いを載せて花火は夜空を楽しませてくれる。

・  鎮魂歌・レクイエムの花火・祈りの花火
・ 鑑賞花火・商業業容花火・イベント花火・様々
・ 近くで見る花火と遠くで観る花火
・ 輝きを目で見る花火と耳で観る花火
・ 爆音で皮膚を震わせながら魅入る花火は格別だ
・ 上から観るか・見上げるかではとても違う花火になっている。
・ 一人で観る花火とワイワイ皆でにぎわいながら見る花火!

  明るいうちから花火鑑賞者は集まってくる。

  乾杯しながら夕飯弁当を食らう!

  初めて見る東京からのご招待者

  
打ち上げ前の2時間も前から打ち上げを待つスタッフたち!

ナイヤガラの滝瀑布花火+3尺玉打ち上げ開始!

この記事をシェアする