ブログ

いい仕事をされていますね。

2013.12.3

すまいは巣舞
巣は形・舞は想い
想いを形に
巣舞るフォー・ユー
高田建築事務所

組んでいる人の仕事が素晴らしと自分達まで良い人と見立てられる!
*    お客様を見てその会社を判断する:
・    巣舞づくりをするときには、まず様々な情報を集めることをする。建築会社にも個性があり建築デザインにも性能にも各社各様の仕様を持っている。
・    そして、そのデザインにも性能にも複数のバージョンを用意していることが多い。
・    住宅総合展示場に足を運ぶことも多々あることだと思う。
・    当然建築前の情報である。こちらの情報はハウスメーカー・ホームビルダー・工務店側からの一方的な情報であることは避けられない。勿論それを承知の上での情報収集である。
・    他方で意外に信頼性のある情報のひとつに実際に建築された方の声がある。
・    建築主様にとって積極的な情報収集と消極的な情報収集があるとすれば、メーカーサイド側のPR・CMよりも実際に建築された方の声のほうが信憑性があることは誰もが否定しないことである。
・    すまわれてからの感想は現実である。評価はその時にやってくる。そして、そのときの声には誰もふたをすることが出来ない。
・    建築屋にとっては完成して引き渡すまでが一段階だが、すんでからが勝負であるから何時までも気が抜けない。建築屋の宿命なのだからお喜びいただける様につくらせていただくことだ。
・    建築の契約時には当事者は両者ともとても緊張するのである。しかし、ひとたび契約が終了すると大きな重荷が取りはずされたような感覚にもなり、何故タカダを選んでいただきましか?と質問すると私たちが思っていたのと違う原因も聞かされることが多々である。
・    そのうちのひとつが、「実は自分の友人が高田建築事務所で建てた。何度か遊びに行っている。その時に気になる空間であった」とか、「その友人が自分の巣舞に自信を持って自慢している声を聞いて一度タカダの住宅見学会を見に来たのがきっかけだった」とか。
・    「親戚の家を建てた」「奥様の職場の同僚がタカダで建てた」「嫁さんに行ったので姓が変わったので分からなかったかもしれませんが、実は実家はタカダで建築しました」などなど、最初は隠れて出ていなかったところがどんどん表に出てきて、それが契約要因の少なからぬ比重を占めていることを知らされるのである。
・    びっくりもするがとても嬉しい思いでもある。
・    一緒に同じ目標で巣舞作り・居場所探しをしていくのだから心置きなくざっくばらんである。

*    また、デザイン・性能といった建築自体ではなく、その施設が取り組んでいる仕組みが良く社会から評価されると建築までよく見えるのである。建築チームに対する総合評価である。
・    弊社で建築させていただいた介護施設が全国ニュースや特集に取り上げられた。
・    見た人は高田さん良い仕事していますね!と言われる。
・    又長岡は良い町だね。福祉が行き届いている町だ。とも言われる。
・    プラスに働く総合評価でもある。
・    よく考えてみると介護システムを構築されるには膨大な試行錯誤とエネルギー投入の結果である。その仕組みづくりの一助となるべく建築を設計させていただくのである。
・    共働作業でもある

*    私の同級生の娘さんご家族が3組ほど当社で建築していただいております。
・    小中学校時代の同級生と高校時代の同級生です。
・    当初から高田建築事務所と打ち合わせしていることが分かっている方と、契約直前・契約後の方もおいでです。
・    契約後御礼電話を入れると、同級生である親は子供夫婦がいろいろのところを見てタカダに決めたみたいだよ。高田建築事務所の設計が気に入ったんだって。良い仕事しているようで何よりだ。娘の巣舞づくり頼むよ!

*    巣舞づくり完成してお引渡し時にサービス向上のためのアンケートをお渡ししておく。
・    暫くすまわれてからそのアンケートが届く。我々にとっては通知表である。封筒を切る時にはとても胸が高まりどきどきものでもある。
・    昨日とどいたH様からのアンケート記載文を転写させていただく。
・    アンケートの中で一番気になるのが一番最後の質問にどの様に答えてくださっているかである。
・    質問は:建築にあたり良かった点・悪かった点、もっと工夫したほうが良いと思われるところはありますか?又、一言ご意見ご感想を一言お願いします。
・    ・・・Hさまから:自由設計だった為、営業担当者が私たちの希望どおりの家を造ってくださり本当に満足している。提案力が素晴らしくすごく感謝しています。・・・・
・    ・・・そして少々辛口なアドバイス「初めての家造りのために、把握できなかった支出も多く金銭面で不安を覚えた。建築には関係ないものも多いと思うが、なるべく事前に説明してもらうと嬉しいです。(紙ベースで)」

*    また、一昨日の土曜日のY様への引き渡し時に奥様から感想を頂いたことの報告がありました。
・    「自分達の思いをたくさん聞いてくださりありがとうございました。自分達の思いが形になったので、工事中から、もうとっくに住んでいる様な感覚である。」と。

*    嬉しい情報である。
・    良い仕事をする:個性ある巣舞づくりをする。品質を落とさない。どんなに忙しくても手を抜かない。(それに見合ったそれ以上のバージョンアップした工法変更はよいが。)

この記事をシェアする