ブログ

Imagine(想いから始めよう)千人鮮色

2014.07.22

すまいは巣舞
巣は形・舞は想い
想いを形に
巣舞るフォー・ユー
高田建築事務所

高田建築事務所の新しいロゴが誕生TAKADAブランディング キックオフ会
40周年を目前にして!

・    常日頃は弊社をご愛顧くださり感謝申し上げます。
・    高田建築事務所は1976年(昭和51年)に創業させていただきました。そして今日まで多くの皆様からご用命:ご支援頂きましたこと感謝申し上げます。
・    親会社はタカモク(旧高田材木店1949年創業)です。わたの親父が起こした会社です。私と同い年です。
・    2年後、来る2016年は高田建築事務所にとって40歳の誕生を迎えることになりました。40年は試練の年というそうです。名実共に無我夢中で走ってきたといっても過言ではありません。

・    40周年を機にTAKADAとは何ものぞ?TAKADAは何をやってきたのか?そしてこれからTAKADAは何をやろうとしているのか?方向はどっちを向いているのか?謂わばTAKADAのミッション(使命)・ブランディング(個性・らしさ)は何か?と言う検証の必要に迫られた次第です。
・    振り返ると、21世紀を迎える数年前から時代はどちらに行くのだろう?ドッチに行くのだろう?DOCCI?と
毎日私の頭の中をこの言葉が渦巻いていたようでした。特に世紀の変わり目・節目であるから、かなり緊張もし、悩みもした記憶があります。
・    しかし、2001年正月元旦にやってきた言葉は質問と同じDOCCI(ドッチ)でした。違っていたのは質問の
“?”クエスチョンマークから“!”ビックリマークになっていたことでした。実は質問が同時に答えだったのです。この事に気がつくのに少々の時間が必要でもありました。気がついたときはマークと同じくとてもびっくりでした。
・ DOCCIは今後とも重点的に追求していかなければならない次の頭文字だったのです。
・    D:ドリーム・デザイン
・    O:オリジナリティー・オーガニック
・    C:コンセプチュアルアーキテクチャー・COM・コラボレーション
・    C:コミュニケーション
・    I :アイデンティティー・イマジネーション・そしてイマジン=Imajine!
・    灯台下暗し!とも言います。自分達のことを一番知らないのは意外に自分たちでは無いか?という視点に立って弊社のことを私たち自身が確りと見直すべくブランディングプロジェクトを立ち上げました。
・    一方で40周年を契機に次世代のスタッへの継承を確りしたいと考えたからでもあります。

*    私達の目の前にはレールがない:振り返るとそこに足跡が残っている。
・    若き時には振り返る事をしない。振り返る時間も足跡も持ち合わせていない。
・    また、振り返ると言う尺度を持たない。ただ前進あるのみである。
・    やがて時が流れて立ち止まって振り返るとそこには足跡が残っている。
・    時々検証する事で次のステップのエネルギーにする事が出来る。
・    歩んできた道・その足跡を確りと確認したいと考えたからである。

*    想いを形に!まず想う事からはじめよう!Imajine!
・    私たちはすまいを巣舞と呼びます。巣は形・舞は想い!想いを形に!
・    多くの建築主様のご家族にお会いしてまいりました。
・    そして、ひとつとして同じ家族は無いということを確信したということです。
・    どのご家族様も豊かな個性(鮮やかな色彩)があり、楽しさがありました。
・    設計過程ではネーミングをつけさせて頂き物語りをつくり形化していくと、とても豊かな空間に恵まれます。
・    正に世界に一つしかないオンリーワン巣舞づくりです。
・    時に、面白い空間になり、いつになく楽しい生活をしています!というお便りを聞いたときは、思わずやったーとひそかににんまり、ほくそ笑むことでした。
・    私たちは建築をするという意味では建築家のようですが、巣舞づくりは実はとても重大なコードが隠されているのです。
・    というのも設計するとは図面を描くというよりも「すま居方」を形化するということであります。すま居方はその
「すまい人様」しか描くことができません。私たちはその思いを形化するお手伝いさんに過ぎないのです。
・    だから、時に面白いかたちが現れてくるのです。面が白いから様々な顔に変幻するのです。喜怒哀楽顔に色がつけば正に“おもしろ”です。
・    すまいづくりのお手伝いをする私達が色を持ってはいけないというのはそういう意味です。
・    十人十色といいます。千人の巣舞も千通りのすま居方があります。だから私たちは「千人鮮色」と呼んでいるのです。*(せんにんせんしょく)と読みます。
・    ブランディングプロジェクトを探求しているうちにそんなロゴが向こうからやって参りました。
・    「想うことからはじめよう」=「Imajine」の誕生です。
・    また、Webも新装することになりました。リアルタイムに情報を届けられるように配慮させていただきました。
特に住宅見学会のご案内や今までの実績データーが沢山掲載されています。

*    2014年07月16日(水)14:00~16:00アオーレ長岡にて
「TAKADAブランディング キックオフ会」が開催されました。
・    新しいロゴと新しいホームページそして経営理念から社長語録まで入れた90ページに渡る社員手帳の発表会である。
・    TAKADAは何をやってきたのか?何をやろうとしているのか?方向はどっちを向いているのか?謂わばTAKADAの個性は何か?と言う検証でもある。
・    普段走っているときは目に止まらなかったもの・ことが髄分と明らかにされてきた。
・    40周年:40なる数字にこだわる理由は試練の数・忍耐の数でもあるからである。
・    振り返るとそこに足跡が!40周年そして・・・・
・    通常では見えない節目のときにしか見えないアメージングシーン!

   https://www.takada-arc.com/wp/wp-content/uploads/general/01_h11.jpg

*    私はウォルト・ディズニーの名言が好きだ!
①    夢 を求め続ける勇気さえあれば、すべての夢は必ず実現できる。いつだって忘れないで。すべて一匹のねずみから始まったということを。
・    All our dreams can come true, 
・    if we have the courage to pursue them. 
・    I only hope that we don’t lose sight of one thing 
・     that it was all started by a mouse.
・    そう!「夢は必ず実現する」
・    但しそのためには「勇気」を持たなければならない。
・    「夢を追い求めるという勇気だ」
・    そして忘れてはならないのは「始まりはたった一匹のねずみだった」ことを!
・    継続するエンジンと燃料が必要だ。
・    
②    笑い声は時代を超え、想像力は年を取らない。そして、夢は永遠のものだ。
Laughter is timeless. Imagination has no age. And dreams are forever.

③    ディズニーランドが完成することはない。世の中に想像力がある限り進化し続けるだろう。
Disneyland will never be completed. It will continue to grow as long as there is imagination left in the 
world.

・    まず、夢を描き・そして夢を育み・やがて夢を実現する。
・    まず想うこと!そこから全ては始まる!
・    Imajine

・    今後とも益々にご愛顧のほどお願いし申し上げご挨拶にさせて頂きます。
・    最後までお読み頂き感謝です。
・                                     
・    20140716  株式会社 高田建築事務所 代表取締役 高田清太郎

  

この記事をシェアする