ブログ

ここは工場 ・売場・買場・交場

2015.02.10

すまいは巣舞
巣は形・舞は想い
想いを形に
巣舞るフォー・ユー
高田建築事務所

*    今朝の朝礼は工場(プレカット工場・建築資材加工工場)である。(常務担当だが本日は不在だ:ピンチヒッターは私)
・    弊社では数年前から朝礼に「職場の教養」を使用している。
・    丁度この日は紳士売場のNさんのお話が載っていた。
・    話の内容をかいつまんで書くとNさんには男子選科の売場が任されている。尚且つその上にノルマが課されているのだ。
・    ノルマの本数は何本とは書かれていないが想像するに少なくもなさそうである。
・    ノルマの対象がオーダーメード紳士服らしい、しかも今月のノルマ達成まで後一着だというのである。
・    勿論、売場には既製服も沢山置かれていただろう。
・    売場にこられるお客様Aさんには何時に無くオーダーメードを勧めている。そんな自分にNさんは気かつかない(?)
・    勿論、Aさんが私がほしいのは金額から言って既製服です。と明言してくれれば、たとえノルマがあってもそんなに強引には売り込まなかっただろうと思う。
・    文章のように第三者が解るように客観的に教養書としてのコメントが書かれているのであればいざ知らず、購入者のお客様の心の中を垣間見ることはそう簡単ではない。特に現場ではそうなりがちである。
・    購入者のAさんにしてもNさんのお勧めの仕方如何でオーダー服を買うかもしれない。そんなドラマが用意されているステージは沢山あることを私達も沢山経験している。
・    金額の制約があるとはいえ、オーダーのほうがはるかに魅力あることが伝われば、既製服に拘らなかったかもしれない。金額がオーバーするようであればローンを組んだかもしれない。
・    オーダー品を進めているNさんのお勧めが実はオーダー品ではなかった。
・    言い換えると、自分のノルマ達成という商品を売っていたことになる。
・    そうなると話は早い:AさんにすればNさんが紳士服を購入においでになた身の周りの話を聞く余裕も時間もお金も無い。最初からお話はThe end!である、

*    この話を聞いて、私達はNさんに限らず売場の場面に立たされる経験を沢山している事に気がつかされる。
・    購入者に対する売り方とのミスマッチング:本末転倒のことも沢山しているのだろう。
・    人は何を考えているかで見る視線が変わる。視点も変わる。
・    購入者Aさんとの出会うステージが同じであっても視点を換えると対応がガラリと変わる。
・    売り方側の目線を買い方側の視線に換えることだ。
・    つまり、Nさんにとっての売場はNさんにとっては買場なのである。
・    売場を買場と思っただけで意識はがらりと変わる。より購入者側の立場に立てるのではないだろうか!
・    購入者はその立場に立った人から購入したいと思うのが人情と言うものである。

*    良く聞く話だが、その会社の売上高は単なる売上げ数字ではなく社会からの必要とされ度!だと言われている。説得力のあるわかり易い尺度だ。
・    確かに、どんなに素晴らしい会社だといわれても売上げがゼロなら結果的には必要とされていないのであるから。
・    現代の購入ステージはインターネット仮想売場が主流になりつつあることを否めない。
・    しかし、全てがそうなるかというと、そうばかりでもなさそうである。
・    専門知識をお持ちのスタッフからのアドバイスはとても重要だからである。コミュニケーションは基本である。
・    単に売場・買場ではなく。お互いに幅を広げた言葉を交わしながら購入するケースは多々あるのだろう。正に交場である。
・    丁度本日の朝礼は工場にて行われた。工場だから、お客様はおいでにならないから、「売場・買場・交場」感覚は不必要と考えるのは大間違いである。

*    加工している資材の向こうですまいづくりを楽しんでおられる建築主様に想いを馳せると何時に無く加工するにも力が入ってくるものでもある。
・    そして何よりも勘違いしないでほしいのは無口のように思う加工機械に作業者の心が届くのである。
・    仕事を始める前に、作業者から「本日もよろしくお願いします」とご挨拶すると機械ロボットは「了解・お互いに頑張りましょう。建築主様のご家族の皆様が一生お住まいの素敵な巣舞になるように!」と無言の返答をするのである。
・    工場(こうば)でこそ交場(こうば)が大切(?ジャダレ?とは=じゃ、誰?)

*    この様に私達は言葉を交えながら物事に立ち向かっていると言っても過言でもない。
・    完成したときには建築主様ご家族の笑顔が巣舞からこぼれていますよ。
・    それでは本日も品質が信頼と期待にお答えできるように心したいところである。  

*    ???ノルマなる言葉はマイナス的イメージが強いが目標に向かう為に一つの仕掛けと考えると時にはワンステップになるかもしれない。

  
プレカット加工ライン           横架材加工ライン            プレカット工場を俯瞰する
コミュニケーションする工場は交場

この記事をシェアする