ブログ

松岡ワールド展がオープン!

2015.06.30

すまいは巣舞
巣は形・舞は想い
想いを形に
巣舞るフォー・ユー
高田建築事務所

*    僕はピョーンで生活している松岡です。
・    生活の1/3をかえるが支えてくれる!とジョーク交じりにピョーン君を紹介してくれる。
・    松岡先生の代表作である。松岡先生を知らない人でもピョーンを知らない人はいないのではと言っても良いくらいに誰もが知っているロングセラー作品でもある。

*    足元の自然を大切にすると徐々に地球全体が見えてくる!世界が見えてくる!
・    と本題が始まる。松岡ワールドへの誘いである。
・    じーっと見つめる目:その観察眼は克明に松岡キャンバス上に描かれ踊りだす。
・    長岡には沢山の昆虫や小動物の宝庫であるのにこの宝庫を使っているのは僕だけである。とても幸せものだ!
・    雪国の長岡では雪国以外ではいい加減にしかやってこない春が強くやって来ることを実感する!
・    松岡ワールドの開演である。
・    世界のジャングルと旅された先生はアマゾンで一番こわい動物は?答えは人間!
・    用意されたA-4版に“しぜんテスト”なるものが準備されていた。
①    きょうりゅうのまちがいさがし!
②    ウンチさがしーーーーでむすんで!鳥とトンボと人間のウンチはどれか?
③    ダンゴムシをかけるかな?
④    バナナとパインナップルの実のなっているえをかいて!
・    簡単そうな設問であるが意外だったのがバナナとパインナップルの木が描けない?
・    そうか、わかるようでわからない!見ているようで見ていなかったのだ!
・    ともかく一度足を運んで欲しい。童心に戻って楽しんで欲しい。好奇心を触発して欲しいのだ。
・    松岡先生と奥様のキルト展示のほかにも音楽との競演も沢山用意されている。

*    松岡ワールドのご案内!(高田建築事務所企画室より)
・     6月27日(土)アオーレ長岡で、絵本作家の「松岡達英の世界」オープニングセレモニーが行われました。会場には、たくさんの親子連れが集まり、松岡先生から「長岡の自然はすばらしい。絵を見て足元の自然を好きになる子供が増えてほしい」とあいさつの後、松岡先生、長岡市長の森民夫氏、弊社社長の高田清太郎ほか関係者のテープカットで、“松岡ワールド”がスタートしました。絵本「ぴょーん」の原画に喜ぶ子供たち、精密に描かれた生き物に見入る大人たち。家族みんなが楽しめる作品と様々なしかけが盛りだくさんです。イベントは、7月20日まで駅前大手通りの3会場で展示内容もかえて巡回展が続きます。ぜひ、お出かけください。
・    フェースブック!
・    松岡先生のアトリエ兼住宅は長岡市川崎地内に3年前に弊社でお手伝いさせていただいた。松岡先生のご家族も弊社の築縁様である。

 

この記事をシェアする