ブログ

住まいのヘンゲ ~はかどりエリア編~

2021.11.22

 

最近ではテレワークの企業も増え、家で仕事というスタイルが日常的な方も多いのではないでしょうか。

使い勝手の良いスペースを造ると仕事や作業は捗りそうですよね。

そんな「はかどりエリア」をご紹介します。

 

■個室の書斎

 

書斎としてしっかり作ったお住まい

LDKとは離れて、落ち着いて作業したいときに最適です。

 

 

■キッチンのそばにワークスペース

 

キッチンのわきにちょっとした作業スペース

お子さんの勉強スペースとしても。使う時間帯を分けて、多目的に使えそうですね。

料理をしながら見守ることができます。

 

 

■デッドスペースを使った作業スペース

 

階段の下も有効に 作業カウンター

階段下収納ではなく、カウンタースペースとすることで空間として広く感じるというメリットも。

 

 

■隠れた書斎スペース

 

収納の扉かと思いきや、開けると掘り込み式のカウンターが!

普段は物をたくさん置いておいても、一時的にすぐ隠せるのが便利ですね。

 

 

書斎は生活用途によって形を自由自在に変化します。

 

私は家で勉強や作業をするといったことは苦手ですが、文房具が大好きなので、お気に入りの文房具を置いた書斎を作りたいという野望はあります!

 

様々なアクションや造り方がありますので是非お気軽にご相談ください。

 

 

長岡本社 営業部 坂牧

この記事をシェアする