ブログ

建物のエネルギー

2021.11.16

リフォームの仕事のやりがいは、今ある建物をどのようにして直すか、良くするかを考えることだと思っています。
また楽しみは、職人さんたちの知恵、技術を知れること、いろいろな建物に出会えることで勉強になったり、新築した当時の時代を感じられたりすること。

 

天井裏に潜ると特に感動します。
長年建物を支えてきた梁の力強さを感じたり、もう一部屋できるのではないかと思えるような大空間があったりと、何か宝物を見つけたような気分になります。

 

 

リフォーム計画時には、今まで隠れていたものを何とか日の目を見るように提案できればと考えています。

 

最近感動したのは、築27年になるお住まいの外部工事の相談を受けお邪魔した時です。
新潟営業所開所当初のお住まいですが、木の暖かさ、登り梁の力強さを感じられるダイナミックな空間にとても感動しました。

高田建築事務所の築34年のお住まい 高田建築事務所の築34年のお住まい

高田建築事務所の築34年のダイナミックな木造空間 高田建築事務所の築34年のダイナミックな木造空間

 

 

20数年前、大学の講義で見た写真に衝撃を受けたことを思いだしました。
その時の講師が弊社会長の高田清太郎でした。
卒業したらビルや大きな建物を作る仕事に携わるだろうな、と漠然と大学に通っていた私ですが、そのような写真を何枚も見せられ、住宅でも面白いことができると気づかされました。

高田建築事務所の外装工事リフォーム

 

今では私自身、いろいろな建物を見ることで、建物に、そしてそこに住まわれている方の住まいに対する想いを聞くことで、エネルギーをもらっています。これからもいろいろな建物に出会えることが楽しみです。

困りごと、相談ごとがありましたらお気軽にご相談ください。

 

リフォーム研究所 桑野

この記事をシェアする