ブログ

あると便利なマグネット壁

2021.10.14

「せっかくの新築住宅なのに壁に穴をあけたくない」
皆さんそう思いますよね。

そんな時に活躍するのがマグネット!
家族の掲示板としてメモやおたよりを張ったり、記念の写真やお子様が描いてきた絵を飾ったり。
使い方も様々ですが、マグネットの付く壁の作り方も様々です。

今回はそんなマグネット壁のあれこれをご紹介します!

 

■ 境目のないマグネット壁

 

一番ご採用の多い方法です。

境目のないマグネット壁

一見普通の壁にマグネットが付くので、スッキリと張ることができます。

 

■ 縁付きのマグネット壁 

 

範囲が分かりやすいマグネット壁です。

縁付きのマグネット壁

縁の中だけ壁紙を変えることで、スペース自体が空間のワンポイントにもなります。

 

■ ニッチ兼用のマグネット壁

 

壁をへこませて、背面にマグネット、段差に小物を飾れる多機能壁です。

ニッチ兼用のマグネット壁

テレビホンや給湯機のリモコンを一緒にいれると、壁から出っ張らないのもポイントです。

 

■ マグネットバー

 

線上にマグネットを張れる壁です。

マグネットバー

高さをそろえて張れるので、よく目につく壁にオススメです。
バーの間をコルクにしたり、素材や色を変えることで壁一面がアクセントになります。

 

壁紙を傷めずに繰り返し使用できる便利なマグネット。
他にもマガジンラックやホワイトボードと組み合わせるなど、使い方次第で様々なアレンジができます。
何もないちょっとした壁に、便利なマグネット壁を作ってみるのはいかがでしょうか。

 

長岡本社 設計  和泉

この記事をシェアする