ブログ

おしゃれな造作洗面 いろいろレシピ

2021.09.13

 

水回りでキッチンに次いで悩むことが多いのが洗面台。

毎日使う場所だから、お気に入りのおしゃれな空間にしたいですよね。

 

収納量やお手入れ、使い勝手を考慮して既製品を選ばれる場合もありますが、

デザインを自由に選べる楽しさでは造作洗面台もおすすめです。

 

 

■造作洗面を構成するパーツ

 

造作洗面は、選ぶパーツがたくさんあります。

・洗面ボウル

・カウンター

・水栓金具

・タオル掛

・壁紙やタイル

・照明器具

などなど・・・。

 

ひとつひとつ選ぶことによって雰囲気も様々に違ってきます。

 

■洗面ボウルの種類

 

洗面ボウルは主に3種類に分けられます。

 

①埋め込みタイプ

 

カウンターの下にボウルを埋め込むタイプ。

埋め込まれたボウル部分を見せるか見せないかでも印象が変わります。

 

 

 

②ベッセルタイプ

 

カウンターの上にボウルを置くタイプ。

洗面ボウルの形がそのままデザインとして空間を演出してくれます。

 

 

③カウンター一体型タイプ

 

カウンターとボウルが一体になって継ぎ目がないタイプ。

継ぎ目がないことで、お手入れもラクラク。

 

 

■イメージに合わせた素材決め

 

一番楽しいのは素材決め!

お好きな雰囲気に合わせて、色々な材料を見せてもらいましょう。

 

 

①ナチュラルテイスト

 

木目素材のカウンターや扉にプラスして、鏡も木製の枠のものを使うとナチュラルな雰囲気がグッと増してきます。

タイルの選び方で同じナチュラルでも、お好みのテイストに仕上げることができます。

  

 

 

②シンプルモダン

 

カウンターや扉など、モノトーンで統一することですっきりとした印象に。

間接照明などでライティングの工夫をすると更にスタイリッシュな雰囲気を演出できます。

 

 

 

③レトロテイスト

 

タイルや壁紙に原色を使用したり、水栓金具や照明器具、タオル掛でレトロテイストをプラスしたりすると雰囲気を演出できます。

 

 

 

■その他の個性あふれる造作洗面

 

一つ一つのパーツを変えるだけで雰囲気は幾通りにでも変化します。

 

    

 

千人鮮色の巣舞づくりの中に、千人鮮色の洗面スペースを是非ご検討ください。

 

 

長岡本社 営業設計 清水

この記事をシェアする