ブログ

壁面コーディネート -○○の飾り方-

2021.08.10

オリンピックも閉会をむかえ、今回もたくさんのドラマや感動をあたえてくれました。

コロナ禍でいろいろなことが懸念されましたが、今の日本をすごく明るくしてくれた気がします。

頑張ったニッポン!!ありがとうニッポン!!

 

まだパラリンピックも続きますので、引き続き応援していければと思います!

 

 

さて本日は壁面のコーディネートのご紹介です。

 

広い壁面は部屋の中でも目に付きやすいため、そこに飾られる写真や、インテリアにはその人の個性がよく表れます。

 

家具や壁紙と違って、季節や気分で変えることができるので、住まいづくりの段階で、ちゃんと「飾れる
壁」をつくることで、住まいが完成した後も色々楽しむことができます。

 

 

長岡本社の玄関にもピクチャーレールが埋め込まれ、たくさんの絵画やパネルが展示されています。

 

このようなレールとワイヤーの組み合わせは、飾るものを好きな位置に移動させることができるので、とても便利ですね。

 

 

先日お引き渡しさせていただいたH様邸では、玄関ホールにご趣味であるギターを展示できるようにさせ
ていただきました。

 

飾られたギターが一気に空間の主役となり、住む人の個性を素敵に色づけてくれます。

詳しくはこちら:新築事例『まんまるヌックと展望デッキ』

 

 

ちなみにわたしの家の壁には数年前から集めている眼鏡を飾っています。

 

 

一見、眼鏡が壁に張り付いているように見えるのですが、外すとこの様になっていて、L字型の画鋲に折りたたんだ眼鏡をかけることができます。

色々な飾り方を試してみて、最終的にこの画鋲に落ち着きました。

 

平置きと比べ眼鏡のデザインがよく見えますし、埃も溜まりづらいのでとてもおすすめです。

 

 

飾るものや飾り方は十人十色。

 

皆さんも家の中のキャンバスを使って、自分の個性を飾ってみませんか?

 

 

長岡設計 高坂

この記事をシェアする