ブログ

2021 新潟大寒波

2021.01.18

過去2年間ほとんど街中には降らなかった雪。

(ウィンタースポーツをする身としてはパウダースノーなので嬉しい反面もあり…。)

 

今年は断続的に降り続き、短期間で2回も大寒波が来たため除雪作業が間に合わない地域も出てきています。

私の妹が住む上越市の市街地は完全に麻痺状態です…。

道路は除雪が間に合わず、来てもこのような状態。

物流は途絶え、食料が手に入らない状態だったそうです。

雪を寄せる場所がないので仕方がないです。

数日分の食料はストックしておくべきだと痛感しました。

 

掘っても掘っても雪が降り続き、完全に道や車を覆っています…。

妹のクルマは赤い矢印の箇所…。(2日目でこの状態…。)

脱出は限りなく不可能です。

 

私の住む長岡市の街も一時は1.5mほど積もり、何とか交通麻痺にはなりませんでしたが、今でも次の降雪に向けて日々除雪作業に追われています。

 

道路はガタガタ、圧雪でタイヤが取られ、あっちやそっちに車体が振られる始末…。

どんな状態でも通れるだけで有り難いです。

 

このような道ではスタッドレスタイヤ+チェーンを装着して走行するのがベストですが、チェーンは持ってない方も多いかと思います。

念のためスコップと牽引ロープは最低限、車の中に積んでおきましょう。

 

吉田流走り方として…

1 なるべく止まらないこと

2 くぼみに駆動輪を落とさないこと

3 車の揺れ方を感じながらアクセルの微調整をすること

以上の3つでスタック回避をしています。

 

それでもスタックしてしまったら…

D→R→D→R…とシーソーのように車体を前後させると脱出できる可能性があります。

ハマらない事が1番ですが、万が一のテクニックとしてやってみてください!

 

 

また、長岡市摂田屋にあるモデルハウスの除雪作業を行いました。

こちらの建物は太陽光パネルが設置されており、その部分が落雪式となります。

連日降り続いたため雪の量は非常に多く、また落下した雪により締め固められています。

 

このまま放置をすると落とし板(※1)を超えて雪が窓を押すため、営業スタッフとタカモクHさんの力をお借りし、除雪をします!

特に駐車場を…。

雨が降ったため雪がとにかく重い。

 

何とか次の寒波が来ても大丈夫なレベルまで完了しました。

(落雪式は特に屋根から落ちる雪に気を付けて作業をお願いいたします。)

 

こちらのモデルハウスは随時公開中です!

ご予約お待ちしております。

 

 

長岡本社 吉田

 

※1.落とし板…屋根から落ちてきた雪の圧力から窓を守るために取りつける板

この記事をシェアする