ブログ

350㎜の法則

2020.12.28

今年も残すところあと4日。
年末の大掃除と言いつつも、整理整頓するので精一杯という方も多いのではないでしょうか。
ですが、せっかく行うのであれば、片付けた後も使いやすいようにしたいですね。

そこで!今回は住まい方アドバイザーの近藤典子さんが考案された
収納の「350㎜の法則」をご紹介したいと思います。

こちらのように家にあるほとんどのものが、高さ350㎜で納まるという法則です。

整理収納近藤典子ヴィータスパネル

 

今まで高さがバラバラでどう収納すべきか迷っていたものも、
350㎜ピッチなら、すっきりと収納する事が出来ます。

 

その法則を使って商品化されたものが、LIXILさんのヴィータスパネルというものになります。
組み合わせて上手に使っていくと、こんなに綺麗に収納出来ます✨

整理収納近藤典子ヴィータスパネル

 

今回は、商品化されたものをご紹介しましたが、自分好みの幅や奥行きで収納したい!
という方には、「可動棚」と呼ばれる、棚を動かして高さを変える事が出来る収納がオススメです。
※当社の施工例です↓

可動棚で整理収納ヴィータスパネル
「Evergreen」シューズクローク

可動棚で整理収納ヴィータスパネル
「フロートBASE」パントリー

整理整頓や断捨離に加え、今年の大掃除はぜひ「350㎜の法則」を意識して、収納してみて下さい。

 

こういった法則を活用し、普段からきちんと片付けていれば、年末の大掃除もサクサクと進むのかなと改めて感じたので、今後も色々な法則を見つけて実践していきたいと思います!

皆様、今年も1年ありがとうございました。
どうぞ、良いお年をお迎え下さい。

 

新潟営業所 営業設計 鈴木

《過去ブログ》
↓近藤典子さんの収納セミナーの様子はこちらから
「住んでからのお悩みNO.1」

この記事をシェアする