ブログ

お庭は雨でもよく似合う

2020.07.20

雨が続くとどうしても

気持ちも滅入りがちなこの時期ですが

雨だからこそ似合うものもあります!

 

それは「日本庭園」です。

植栽にあたり、落ちてくるしずくを眺める…

時間がゆっくりと流れていく、贅沢なひとときを過ごすことができます。

 

先日(約1か月前)霧雨のなか

新潟市にある旧斎藤家別邸を見学してきました。

 

 

約1300坪の敷地内をめいっぱい活用して

池泉・滝、季節の植栽を建物からパノラマ的に眺めることができます。

この時は、つつじがちらほら咲いている状態でした。

 

 

また、庭園の奥から建物に向かって土地を傾斜させることで

周囲を気にすることなく、立体的にお庭を楽しめるようになっています。

 

なんとこのお庭、建物建築も含めて

完成までに4年を費やしたとか…納得の完成度ですね。

今では、国指定の名勝にも選ばれています。

 

 

さて、最近ですと新築のご要望としていただくお庭は

「集まってバーベキューをしたい」…という内容が圧倒的に多いです!

 

庭木に関しては、お手入れが面倒・虫が苦手などと

お話しいただくことも多いですが

日常に少しの緑をプラスすることで、得られる感動もあります。

 

 

 

こちらのお住まいでは

玄関先とテラス・お風呂に植栽をプラスされています。

住まいが密集する分譲地のなかでも

リゾートのようにお風呂タイムを楽しめます!

【 詳しくはこちら 】新築住宅事例「Kids Resort」

 

 

また、お庭を楽しみながら

大好きなキャンプ・アウトドアも楽しめるお住まいも…

 

 

 

テラス・縁側・家の中の土間、

それぞれからお庭の雰囲気を感じられます。

ガレージの後ろに設けることで

プライバシーを守りながら、外遊びに熱中できますね。

【 詳しくはこちら 】新築住宅事例「Slow Living」

 

 

最後は番外編!

公園や遊歩道の緑をお借りして

リビング空間を豊かにしています。

敷地の状況をみながら

間取りの工夫で緑を取り込むことも可能です。

 

 

【 詳しくはこちら 】新築住宅事例「TRYアングル△」

 

 

「おうち時間」がキーワードになっている2020年。

 

この機会に、お庭にも少し目を向けて

我が家の“名勝”を作ってみませんか?

 

 

長岡本社 営業設計

松本有香

この記事をシェアする