ブログ

対面キッチンVS 壁付キッチン 大調査!

2020.01.27

今お住まいのキッチンはどんなレイアウトですか?
新しい住まいではどんなレイアウトにしたいですか??

オープンキッチンかクローズドか…、I型、L型、Ⅱ型、U型…など
色々ありすぎて迷う方も多いと思います。

そこで今回は大きく2つに分けて
『対面キッチン(リビングに向かって料理をする)』
  VS
『壁付キッチン(壁に向かって料理をする)』

築縁様がどちらをご採用になったか、大調査してみました!
(私の在籍する新潟営業所での新築施工 2017~2019年の3年間での統計です。)

対面キッチンVS 壁付キッチン大調査

 

結果は・・・

 

  【 対面キッチン派 vs  壁付キッチン派 】
   87.83%(65棟)  : 12.16%(9棟)

対面キッチンのほうがかなりの差をつけて多いことがわかります。


 ちなみに、対面キッチンのうち、

・手元に立上り(腰壁)のあるキッチン 89.23%(58棟) 
・立上りの無いフルフラットなキッチン 10.76%(7棟) 

対面キッチンのメリットは
・料理をする人が孤立せず家族や来客とコミュニケーションがとりやすい
・子供がいる場合、様子を見ながら作業できる
・壁面に家電・食器収納をレイアウトしやすい
・手元に立上りがあれば、丸見えになりにくい
(フルフラットなら、リビング側からも料理に参加しやすい) …など。

一方、少数派ながら根強い人気のある壁付キッチンのメリットは
・料理に集中できる
・レイアウト次第で家電やゴミ箱などをダイニングから見えにくく配置できる
・壁面の作り込みによって、リビングからのインテリアとして部屋全体に一体感が生まれる
・窓を設ければ外の景色も楽しめる  …など。

 

いくつか施工例をご紹介します。

  【対面キッチン(腰壁あり)】
キッチンから
対面キッチンVS 壁付キッチン大調査

リビングから
対面キッチンVS 壁付キッチン大調査
キッチン側からは家族の様子がよく見えますが、リビング側からは手元に腰壁があることにより、料理中の手元や洗い物が見えにくく、コンロ前の壁がニオイも軽減してくれます。

 

【対面キッチン(フルフラット)】
キッチンから
対面キッチンVS 壁付キッチン大調査

リビングから
対面キッチンVS 壁付キッチン大調査

奥行のあるフルフラットなカウンター。キッチンで料理しながらTVも観れます。開放的で、リビング側からは家族も料理に参加しやすいです。

 

  【壁付キッチン】
対面キッチンVS 壁付キッチン大調査 対面キッチンVS 壁付キッチン大調査

シンク上の吊戸棚を使いやすいよう低めに設置。
生活感の出やすいレンジなどの家電やゴミ箱はダイニングから見えにくい位置に。

 
対面キッチンVS 壁付キッチン大調査

大きな収納 兼 カウンターは レシピを開いたり、配膳、食器の受け渡しにゆったり使えて便利です。

 

対面キッチンVS 壁付キッチン大調査

シンク前に窓があり、明るく、換気もしやすいです。
そして壁付キッチンのお宅は、“木製キッチン×壁面をタイルで飾る率” が高めです!

      せっかくなので……もうちょっと統計を取ってみました。

【 IH派 vs ガスコンロ派 】
  47.29% : 52.70%
僅差です!!オール電化やガス暖房とセットで考えられるケースもあります。

【 食洗機 あり派 vs なし派 】
  78.38% : 21.62%
8割近い方が食洗機を採用されています。節水・家事ラクアイテムです♪

【 浄水器 あり派 vs なし派 】
  29.72% : 70.27%
食洗機とは逆に、浄水器は採用率低めです。新潟は水が綺麗だから、とか、宅配水を利用しているので、などが理由のようです。設置される方は、蛇口にカートリッジが内蔵された一体型がお手軽で人気です。

キッチンのレイアウトから機器の選定までカウントしてみましたが、「どちらが多いから良い」、というものではありません。お客様に合ったものを一緒に考えたいと思います。
ご新築もキッチンリフォームもお気軽にご相談ください!

 

(壁付キッチン・ガスコンロ・食洗機あり・浄水器なし派の)
新潟営業所 設計部 五十嵐

 

※続編 「和室vs畳スペース 大調査!」はこちらから

この記事をシェアする