ブログ

間取りの中心

2019.10.28

居心地の良い空間を考えるにあたり、キッチンとダイニングは間取りの中心になる事が多いなぁと感じます。
キッチンやダイニングは共域の心臓部になり、そこで食事を共にする事は家族の基盤と考える方が多いからでしょうか。
イメージを具体化したプランが、日々打合せを通して実現しています。

 

たとえば総長5m(!)のL型テーブルが主役のダイニングとキッチンがコの字で配置されたお宅。
大勢でカウンターキッチンを囲んでくつろぎたいご希望が実現しました。
実はキッチン側の床は15cm下げており、キッチンに立つ方との目線をより近くしている工夫も。

L型カウンターのあるダイニングキッチン 段差をつけたダイニングキッチン

 

ひときわ目を引くクリスタルの照明。自然と人が集まるシンボルです。

シャンデリアのあるダイニングキッチン

 

 

こちらは、カフェの雰囲気が溢れる北欧テイストのお宅。
腰壁は木仕上げ・アイアンのガラス窓・タイルの質感と、素材にもこだわりを感じます。
家事動線も明快で、開放感のあるキッチンとなっています。

アイアンガラス窓のあるカフェ風のキッチン カフェ風のキッチン

 

キッチンと素材を合わせたダイニング。
オリジナルの造作ベンチは、快適でいつまでも長居したくなります。

造作ベンチのダイニング

 

当社ショールームにも間取りの中心にキッチンがあります。
キッチンを囲んで温かいお茶でも飲みませんか?

ウッドワンのアイランドキッチン

 

新潟営業所・設計 小島

この記事をシェアする