ブログ

HOUSEドック 【外壁編】

2019.09.18

住まいを長持ちさせるには定期的なメンテナンスがとても大切です。

当社でもよく採用しているガルバリウムなどの金属サイディングや窯業系サイディングなど、外壁材を長持ちさせるには、クリーニングがとても大切です。

クリーニングと言っても、やることはとても簡単。

外壁表面を水洗い洗浄するだけです!

外壁の傷みは、塵やほこりなどの汚れが外壁表面に長期間滞留することで進行していきます。

つまり雨水が当たりにくくて洗浄されない箇所が、傷みやすくなります。

注意してほしい箇所は、主に以下の①~⑤です。

 

①軒下

 

②出窓の下

 

③内部に入り込んだ所

 

④庇の下

 

⑤換気フード回り

 

 

ここを重点的に水洗いしてみてください。

洗浄回数は、春、秋の年2回がオススメ。

気象の状況に応じて、さらに回数を増やしてもよいです。

 

洗浄時の注意点ですが、

軒天や通気口部分は水が内部に入ってしまわないように優しく洗浄してください。

ホースの水は結構飛び散りますので、雨具を着て、あえて雨の日に行うのもひとつです。

水洗いで取れない汚れなどは、中性洗剤(1~2%の水溶液)を使用してください。

また、固いブラシ、研磨性のあるスポンジの使用、酸性やアルカリ性の洗剤の使用はNGです。塗膜を傷め変色・褪色を招くおそれがあります。

 

年に数回のクリーニングで美しい外観を長期間保つことが可能になります。

皆様もチャレンジしてみてください。

人間と同じように、住まいにも気持ちよいシャワーを浴びせてあげましょう!

 

長岡本社 工務 小林

この記事をシェアする