ブログ

うれしい空気をつくる内装材

2019.07.16

まだまだジメジメが続き、エアコンや除湿機がかかせないこの季節。
しかし、これら家電をフルに稼働させる事は、体調を崩す要因の一つとなりかねません。
でも雨の日は窓を開けたくない…。開けてもなんだか高温多湿でスッキリしない…。
そこで、快適に湿度を調節してくれる内装材、『エコカラット』をご紹介します。

エコカラットとは、多孔質セラミックスをタイル状に焼いた内装建材。
珪藻土の5~6倍の調湿機能があると言われており、機能面以外にも色や質感などデザインがとにかく豊富。
見た目は艶消しのタイルといった感じです。
当社でも度々ご採用いただいているこちらの素材、築縁様のアイディアを少し覗いてみました。

【実例① ラバトリー】
手洗カウンターが付いた一面に、スッキリシンプルなデザインを採用。
調湿だけでなく、脱臭機能もあるエコカラットは臭いがこもりがちなラバトリーにピッタリです。

 

【実例② エントランス】
エントランスとシューズクロークの間仕切り壁にレンガを表現した印象的なデザインを採用。
湿気を取込みやすい土間など外に繋がりのある空間でもエコカラットは大活躍します。

 

【実例③ リビング】
日常生活の中心でもあるリビング。
凹凸のある表情は、それだけでリビング空間のアクセントになります。
間接照明との相性も良く、やわらかな表情を演出する効果がありますね。

 

 

様々なシーンで採用いただいているこちらの素材。
新築・リフォーム問わず、DIYなども含めて今後も活用の幅が広がりそうな予感です!

新潟営業所・設計 小島

この記事をシェアする