新築住宅事例

346

Art museum

器の家

新潟市/O様

   

和紙で埋め尽くされた和室の壁にお気に入りの書をおく。
心和む土間にお気に入りの逸品をおく。
古くもなく、新しすぎることもなく、
瞬間の美を感じ撮ることが出来る。
私たちは必ずこの美の瞬間を感じながら生活する事になる。
この器の家で……。
色彩の基調は茶褐色と白。
基本的に、この二色で美の空間を保つ。
生活の基本は座。座の視線を基準として全てを統一する。
緑を見て和を感じ美にふれる。
今生きている日本人の中では、少し贅沢かもしれない。
でも、この繰り返しが私たちのふるさとづくりなのかもしれない。
私たちはこれからもこのほんの少しの贅沢を少しずつ見つけて行きたいと思う。
それが私たちの夢だったから。

ほんの少しの贅沢を器の家でご体感下さい。

Owner’s Voiceお客様の声

DATA:

家族構成
場所
構造
床面積
敷地面積
竣工

Other Works他にもさまざまな住宅を手掛けております

Related Post

一覧へ戻る