ブログ

雨のあとには

2018.11.12

とある雨上がりの敷地調査中、

ふと空を見上げると虹が…

敷地調査では

実際にお客様の建築予定地に足を運び

 敷地の大きさ

 風向き・日当たり

 ライフライン

 周辺環境等

敷地に対する様々な要素を体で感じ、書類にまとめます。

 

 

そのあとは、いよいよ間取りを描き始めます。

虹は七色と言われていますが、私達は千人鮮色(千色)。

千通り以上のお客様の個性(色)に合うお住まいを形にできるよう

日々提案を続けています。

 

 

私の名刺には、「営業設計」と書いてあります。

当社における営業設計は

「間取り」を描く、営業です。

直接ご要望をお聞きした本人が間取りを提案します。

 

あるときには、敷地調査で感じた風を思い返し

またあるときには、打合せ中のお子さんの笑顔をイメージして

多くの間取りを考えます。

 

 

そうしてできるお住まいが

あの虹のように、鮮やかな色になるように…

敷地を感じて、間取りを描き続ける毎日です。

 

 

長岡本社 営業設計

松本有香

この記事をシェアする