安心で心地よい空間づくり

012,500棟以上の実績を
支える総合力

営業、設計、現場へと想いを繋ぐチーム力

住まいづくりがスタートしてから完成するまでにはたくさんのプロセスがあります。 間取り、資金計画から素材、色、水回り等を決めるなどその幅はとても広いです。 お客様を含め営業、設計、現場、職人さんはひとつの住まいづくりチーム。 普段から連携を取りお客様の「楽しい」を実現できるチーム力を高めています。

職人集団「木族の会(きぞくのかい)

木族の会は住まいづくりを支えてくれる職人集団です。
お住まいがカタチになるのに必要なのが職人さんの技術。 住まわれる方の“らしさ”は千差万別。どんなお住まいにも一棟一等、品質ある住まいづくりをご提案できるのは木族の会の皆さんのおかげです。 年に一度の安全大会は現場に入る職人さんが一堂に会し、安全への取り組み報告、意識を高める機会になっています。

様々なカタチを実現する最新プレカット工場

グループ会社のタカモクにはプレカット工場があります。
最新のプレカット設備により高精度の加工をすることはもちろん、変形のプラン等でプレカットが難しい特殊な加工にも、熟練大工の手加工で対応できる体制を整えています。多種多様な平面プラン、建物形状、空間作りでも密に相談し合える環境と技術で高品質な住いづくりをご提案します。

02安心の
こだわり構造材

在来工法から重量鉄骨造、鉄筋コンクリート造と様々な工法の実績があります。
その中で当社でもっとも多い在来工法の現在の当社仕様をご紹介します。

頼れる「オール4寸角材」

高田建築事務所では全ての構造柱(通し柱、管柱)に呼び寸法4寸角(12cm角)を使用しています。
3.5寸角(10.5cm角)の柱が広く普及していますが、面積にすると4寸角の断面積は3.5寸角の1.3倍以上となり強度が大幅にアップします。 4寸角の柱が雪に強く、耐震性、耐久性の高いお住まいを実現します。

乾燥材

木造の場合、品質に影響するのが木材の乾燥度合いです。
柱・梁・土台はもちろんのこと、羽柄材(下地材)のほぼ全てに乾燥材を使用しています。
グリーン材と呼ばれる含水率の高い材料は時間の経過と共に乾燥します。
その乾燥する過程で材料の収縮やねじれが生じ、壁の隙間やキレツ、クロスのシワなどが発生します。
乾燥材を使用することで不具合の発生をできるだけ抑えることができます。

土台・ヒノキ

土台は基礎と同じく大事な建物の足元回りで水にも強く、シロアリが嫌いな防蟻効果のある成分ヒノキチオールを含むヒノキを使用しています。

こだわりの高耐久コンクリート

基礎に使用するコンクリートですが、寿命があることをご存知でしょうか?
日本建築学会では耐久設計基準強度を定めています。耐久設計基準強度というのは、耐久性を維持するために必要とされる圧縮強度ですが一般的な戸建て住宅では、耐久設計基準強度は18N/mm2です。 弊社では設計基準強度30N/mm2以上の長期耐久用のコンクリートを標準で使用しています。

03建てた後から
始まるスタートサービス

お住まいは完成したら終わりではなく、生活はそこからスタートします。
私たちはアフターでなくスタートサービスの気持ちでお付き合いさせていただきます。

  • 01

    構造体・防水保証10年

  • 01

    地盤安心保証20年

  • 01

    白アリ安心保証最長30年

定期点検

お引渡し後、6か月、1年、2年の定期点検を実施しています。
その後のメンテナンス等を含め、末永いお付き合いをさせていただいております。

築縁会(ちくえんかい)

築縁会とは、築縁様(施主様)、木族の会(協力業者会)、そして高田建築事務所スタッフの三者が参加する会です。 世の中には、知縁・血縁・地縁と様々なご縁で結ばれております。 弊社では、『建築を通してのご縁』もとても大切なご縁だと考えております。 そしてこの会の名前を、建築の「築」を一文字付けまして『築縁会』と命名させていただいております。 どうぞ、『築縁』の和が広がりますように・・・。

ご見学・資料請求等のご希望があれば、お気軽にお問い合わせください